斎藤倫明・石井正彦編『語構成』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

斎藤倫明・石井正彦編『語構成』

斎藤倫明

石井正彦

1997

語構成

ひつじ書房

1997年4月1日 初版1刷

語構成 (日本語研究資料集 (第1期第13巻))

語構成 (日本語研究資料集 (第1期第13巻))

刊行にあたって

凡例

〔1〕語構成序説              阪倉篤義 7 (『日本文法講座1総論』)

〔2〕語構成の特質 斎賀秀夫 24 (『講座現代国語学ことば体系』)

〔3〕日英語語形成 影山太郎 46

〔4〕形態素論   ――語基の分類 森岡健二      57

〔5〕無意味形態素 宮島達夫      88 (『国立国語研究所論集4ことばの研究4』)

〔6〕和語造語力が弱いか 玉村文郎      101

〔7〕漢語ノ 組立ト 云イカエ ノ 研究 ワカバヤシマサオ 117

〔8〕現代洋語の構成 宮地裕      151

〔9〕複合名詞生成文法 奥津敬一郎      158

〔10〕あわせ名詞意味記述をめぐって ゆもとしょうなん 176

〔11〕動詞連用形の名詞化に関する一考察 西尾寅弥      192

〔12〕複合動詞構造 長嶋善郎      213

〔13〕複合動詞・「~つく」と「~つける」 姫野昌子      232

〔14〕複次結合語の構造 野村雅昭      250

〔15〕臨時一語の構造 林四郎      268

解説篇〉研究史的素描

    ――語構成論において取り扱われ〈てきた/ている/るべき〉こと――

                      斎藤倫明 石井正彦 281

日本語語構成研究文献一覧 322

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。