文草小成

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

文草小成

http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_W_55754

千葉芸閣

天明五年

巻一 時候山水

巻二 人品態芸

巻三 宮殿器用

巻四 慶賀餞送

巻五 問災傷逝

巻六 仏語祖録

巻七 諸体通用

巻八 諸体通用

巻九 諸体通用

巻十 目録和解


文草小成跋 天明六年丙午六月 東都官醫 高麗雲祥撰


千葉茂右衛門著

天明六年丙午九月 東都書林 浅草茅町二丁目 須原屋伊八蔵版


架蔵本は巻七欠

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。