撮壌集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

撮壌集

さつじやうしふ

   撮壌集  寫本三卷  飯尾永祥

 此の書は分類體の漢辭書なり。往々片假名にて訓みかたを附けたるもあり。上巻に天象部より衆色類附算数並假荘に至る十部。中卷は地儀部より家屋部に至る十四部。下巻に人倫部より繪部に至る十三部あり。後花園天皇の享徳三年甲戊〔二一一四〕に編輯したるものなり。「續群書類従」卷八百八十九にも収めたり。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s1/kokusyo_sa049.html

撮壌集 三巻

 享徳の頃飯尾永祥の作れるもので、分類體辭書である。本質的價値は餘り高いと云へぬが、製作年代の比較的古い點で注意される。室町時代國語研究資料として又その語彙は一般國史、風俗史、宗教史方面に貴重な資料を提供するものと思はれる。

亀田次郎国語学書目解題」)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。