惣郷正明『辞書漫歩』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

惣郷正明『辞書漫歩』

惣郷正明 1978.07 朝日イブニングニュース

第一章 英和辞典の歩み

 日本で初の活版印刷 

 ご進講で教えられたこと 10 

 『古事記』も読破したヘボン ー3

 「海援隊」出版英語入門書 16 

 薩摩藩学生が上海出版 19 

 絵入りの鳥類単語集 22

 「スクール」はガクモンジョ 25 

 わが国初のポケット英和 27 

 古書で四十五万円、金沢版の英和辞書30 

 『言海』などが次々に誕生32 

 熱血の武士・尺振八の遺著34 

 新天地北海道、開拓のため 36 

 アイヌ語辞書の系譜 39 

 親日英人が刊行した『和英大辞典』41 

 語原をふまえた単語記憶法 43 

 明治時代英語コジツケ記憶法 46 

 新機軸の学習参考書 48 

 カナで引ける英和辞書 50 

 辞書の真ん中 国語サ行英語はM 53

 独学教授・田中菊雄の一生 55 

 アメリカでも「英和」の複製 57 

 アメリカの戦時語学教育 59 

 初期のコンサイス英和 62

第二章 諸外国語と取り組む

 オランダに里帰りした蘭学の『訳鍵』 66 

 中津藩主の日蘭辞書 69 

 勝海舟の『和蘭字彙』72 

 諭吉の手引書『増訂 華英通語』 74 

 村上英俊の苦闘・仏和辞書 77 

 世界初の日本語活字本 80 

 仏和辞書の発達 82 

 宣教師たちの努力の結晶 85 

 独和辞書の草分け87 

 "いろは"でひく『和独対訳字林』 90 

 数奇の一生が生んだロシア語辞典 92 

 GHQからの削除命令 95 

 パラパラだった洋語音訳 97 

 遅れている朝鮮語辞典 

 手書きで苦難の蒙古語辞典 

 一種類だけのトルコ語辞典 

 法華字典とベトナム辞典

 野望の遺物『とうあじてん』 

 中国『新華字典』の教え

 「世界語」の辞典三種

 歌でおぼえるエスペラント

第三章 国語辞典さまざま

 移り変わることばの意味

 四世紀も使われた漢和字書

 「大辞典」は「小」を兼ねない 

 挫折した『明治字典』と『同文新字典

 一生かけた大槻文彦『言海』

 短期完結した山田美妙の『日本大辞書

 辞書づくりの二十年は午前三時起床

 同意語、類語、俗語辞典

 三百年続いた「いろは字典」

  昭和十年で姿を消した「いろは順

 「字典」と「辞典」の差

 二十五万人と九億円かけた漢和辞典 

 歌で覚える漢字意味

 戯作者のワサビきかした定義

 点と線の基本形でひく辞書

 いちばん画数の多い漢字は? 

 分類番号でひく漢和字典

 漢字"召し捕り4の案

 誤字誤読を発見する辞書 

 ミニ・ディクショナリー 

第四章 あらゆる分野に辞書あり

 "解剖は診察の根本"の医学観 

 医学や物理の用語集 

 歯医者さん必携の辞典 

 女性が作った「鉱物辞書

 祖父は数学、孫は漢和辞書 

 図形の画数で引く幾何辞典 

 英和の簿記ガイド

 化学用語変遷と統一

 土木建築用語の集大成 

 カタカナ落ち着いた工学用語

 図入りの鉄道・機関車辞典

  まちまちだった自動車用語の訳

 「サイクリング」の移り変わり 

 古語が生きる時計用語

 郡上の殿様の著書『西洋度量考』

 読み方に苦労した地名辞書

 青い目の医者が作成した道路辞書 

 むずかしい植物名

 教育用語の統一へ

 海軍と英語の結びつき

 七年の努力を重ねた『五国対照 兵語字書

 「哲学」の訳語をあみ出した西周

 百二十年前の『西洋行軍楽鼓譜』

 消えた『仏教大辞典』の原稿踟  聖書漢字の結びつき

 易のよろずや運勢を網羅

 「野球」も初めは「打球鬼ごっこ」

 明治八年以後の"商品辞典" 

第五章 いろいろな変わりダネ

 嫁入り道具の辞書

 女性向き百科『世界婦女往来

 代名詞「彼女」の歴史

 明治時代の料理事典 

 和歌俳句づくりの参考書

 時代の風潮を反映した「家庭辞書

 めまぐるしいファッション界の辞典

 金言と名句と格言

 庶民の感情を浮き彫りにした風俗

 雄弁演説辞典の材料

 人類学に献身の鳥居竜蔵

 姓名語原から運勢まで

 外国人表記の混乱

 日本人辞典の数々

 奇姓珍名コレクション

 法の早わかりから法律辞典

 俗語隠語から方言のコレクション

 時代筆者で変わる「右翼」の解釈

 左翼系出版物に対抗する『特高辞典

 明治維新の「新語辞典

 約二千の"江戸っ子"ことばを集めて

 外来語では語原捜しに苦労

 益軒に始まる名数事典

 流行語モダン語・尖端語

 いつの時代にも「現代用語辞典

 辞書のタネは尽きない


あとがき

資料提供先

辞書索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。