彌富破摩雄「肥後方言俚謠「おてもやん」評釋」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

彌富破摩雄「肥後方言俚謠「おてもやん」評釋」

彌富破摩雄

1932

肥後方言俚謠おてもやん」評釋」

『方言と国文学』2

https://app.box.com/s/rffodv7sdl2lzef4zbx0vwt32fzretw6

 肥後方言俚謠といへば、「おてもやん」といふのを以て白眉とする。近時種々の讀物にも、此の俗謠をよく引いてあるのを見出す時、人知れず吹き出すことがある。併し其の眞解に至つては、知る人が幾人あらうか。當の熊本人と雖も、恐らくは其の意を盡すこと稀であらう。以下解釋を叙するにあたつて、先づ本歌をあげて見よう。

  おてもやあん、あんた このごろ,

  よめいり したではないかいな、

   よめいりしたこつあ、したばつてん、むこうどんが,

   ぐじやつぺ だけん、まあだ さかづきや、せんだつ

   た、むらやく、とびやく、きもいりどん、あんふとた

   ちの、をらすけん、いんまどぎやんきや、きやなろたい、

   かわばたまつさん、きやまわれ、ぼうぶらどんが、し

   りひつぴやじ、はなざあかり、はなざかり、

 以上の通りであるが、到底他の國の人では理解が出來よう筈がない。故に一應此れを標準語に譯すると

 (一)オテモサン アナタ、此ノ頃、嫁入リシタデハナイカイナ、

 (二)ヨメ入リシタコトハ、シタケレド

  聟ドンガ アバタダカラ

  マダ盃ハ シナカツタ、

  村役、鳶役、肝入ドン、

  アノ人タチノ、居ラレルカラ、今ニドノヤウニカ、ナルダラウ、

 (三)川端町ノ方へ 廻ツチマハウ

  カボチヤドモガ、尻引キムイテ

  花盛リ 花盛リ

といふのである。大略の筋は解らうが、末段の所が判然しまい。併し此の末段が最も緊要な所で、最も躍動してゐる所。此の所が此の謠の生命といつてもよい所である。解剖して説明しよう。

 先づ此の俚謠は三段に分れる。

 第一段は

 「オテモサン……デハナイカイナ」

迄で、此れは「おても」といふ薄馬鹿女の通り行くのを、熊本市の朝市揚附近の、物好きな|閑人≪ひまじん≫が|悪戯≪からか≫つた詞である。末段に「川端町」の方へ廻つて行かう、といふからには、明十橋、明八橋-朝市場附近ーのことが考へられる。「おても」といふ名前が、如何にも婚期を失つた三十八九歳頃の、薄馬鹿女を十分に現はしてゐる。熊本地附の田舍女の名には、よく「おねも」、「おたも」などいふのが、今でもある。

「やあん」は、「やん」で、「さん」。「したではないかいな」は、地詞ではなく、上方詞の謠から轉來した詞である。

 第二段は

  ヨメ入リシタコトハ……ナルダラウ

迄で、此れは「おても」が、其のからかひに引つかゝつて、ぺら<と答へた詞である。「したばつてん」は、「したけれど」、例の「ばつてん」である。

 「ばつてん」は肥前、肥後地方の特有の方言、此の語原に就いては諸説あるが、筆者は嘗て「郷友雜誌肥後」に、肥後方言私攷抄を連載したが、委しいことは其れに讓るとして、其の解のみをあげると、「ばつてん」は「ばといひても」の轉化であるとする、而して元は「とはいひても」であつたのであらう。

  行くばつてんー行くとはいひても

  そりばつてんーそれ(り)とはいひても

  したばつてんーしたりとはいひても。

「むこうどん」は「聟殿」。「ぐじやつぺだけん」「だけん」は「だから」。「ぐじやつぺ」は「ぐじやつ坊」。「ぐじや」は「ぐざ」。「ぐざ」は「くさ」。「くさ」は「かさ」の總稱で、「瘡」の和訓。即ち瘡痕、痘痕の意。「あばた」顏の人を、「ぐじやつぺ」とこいふ。古言方言化した詞。

「さかづきやせんだつた」は、「盃はしなかつた」で、三々九度の盃をしなかつた。「あんふと」は「あのひと」、「ひと」を「ふと」といふ。H音をまだF音に言つてゐるから面白い。

「どぎやんきやきやなろたい」の「どぎやんきや」は「どのやうにか」、「きやなろたい」の「きや」は「かい」で、接頭語勢語や、宇治拾遺などに、「思ふどちかいつらねて」か、「かいかかゞぐまりてゐたるを」などある「かい」の方言化したもの。「なろたい」は「ならうわい」といふに同じい。

「たい」、「ばい」は、咏嘆的接尾語で、上に「きや」といふ強意的接頭語があるので、「なるやうになるだらう」なさの意がある。

 第三段は、上述の如き答を言ひすてゝ」、くるりと廻つて行く「おても」が獨言である。察するに「おても」は熊本の町づれの部落、春日村か、本山村か、何れ近在のものであるらしい。川端町を少し説明せねばならぬ。

 川端町は白川端に添うた町、此れを出ると直ぐに白川で、此れが町境になり、川を渡らない手前の近郊の部落を春日村といふ。南瓜の産地として名がある。見渡す限りの畑は皆南瓜で、此の村から出るのを「春日ボウプラ」といつてゐる。南瓜を「ボウブラ」といふことは、言海にも蠻語として見えてゐる。即ち右の川端町を出ると郊外で、そこは春日の南瓜畑が廣く展開してゐる。

 「きやまはれ」を意譯すると、「エゝ廻つちまへ」である。次の四句が畫龍に點じた晴である。

 川端町を出きつた此の薄馬鹿の年増女は、路傍に用を足しつゝ、見渡す限りの南瓜畑の花盛りを嘆賞して、アゝ南瓜の花ざかり、花ざかり と獨言したのである。此の四句は、一々異なつた圓周の一部分づゝの弧が、夫れ/丶にカーブをかきながら、繋がつてゐる觀がある。即ち一々の弧の中心は各々別になつてゐる。其の中心を逸しては、此の所の妙味は解されぬ。露骨を避けて、倒置し、省略し、更に終りに、美しい句の繰り返へしを以て、窅然餘韻を含めた其の手法、實に非凡の手腕である。此の句の中心を抑へるこSが出來ると、「おても」の擧動、姿態が眼前に躍如として現はれる。

 以上の如く此れは熊本の方言を巧に綴り合はせ、一女性を躍らせて、其の特色を十分に發揚した名俚謠たるを失はない。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。