延廣眞治編『江戸の文事』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

延廣眞治編『江戸の文事』

延廣眞治

江戸の文事

江戸の文事

延廣眞治「狐を馬に乗せた話――「王子の狐」「中川右馬之助」」


金英「中国侠客小考」

E・パストリッチ「十八世紀日本韓国における中国通俗小説の受容と知識人の反応」

鄭応洙「『江関筆談』を読む――白石朝鮮観を中心として」

李建志「海を渡った落語――朝鮮開化期の文学東閣寒梅』と「文七元結」」


宮澤照恵「『西鶴諸国はなし』大下馬の原質(一)――力なしの大仏をめぐって」

杉本和寛「『御前義経記』の構想――長編小説主人公としての人物造型をめぐって」

佐伯孝弘南嶺気質物笑話」(目次では「南領気質物笑話」とあるが)

川口元「『二国連璧談』と『連璧談』」

長島弘明「『本朝水滸伝』後篇の諸本

崔京国「いわゆる『文字絵づくし』について」

A・カバット「豆腐小僧の系譜――黄表紙を中心に」

李濬燮「忠臣蔵黄表紙小考」

廣部俊也「聖代を描く黄表紙

佐藤至子「墨川亭雪麿の活動」

崔官「『春色梅児誉美』の性格」


鈴木健一「「八幡太郎義家公、勿来の関を過ぐるの図」賛考」

小高道子「智仁親王と佐方宗佐

深沢了子「紹廉とその門人たち」

劉岸偉「一茶を読む」


M・マストランジェロ「近世における「さんせう太夫」ものの展開」

小谷野敦近松神話の形成序説」

加藤敦子「五代目市川団十郎年譜稿――明和七年十月以前」

池山晃「文運東漸役者評判記

佐藤悟「『俳優茶話』の成立とその作者株木について――『かくやいかにの記』草稿本第二十段・第二十一段注釈

菊池真一松林伯円をめぐって」


杉下元明「木下順庵京都時代

杉田昌彦「本居宣長の『源氏物語』年立研究――竹川巻・紅梅巻の前後関係をめぐって」

丹羽謙治「幕末薩摩出版――斉彬没後の動向」


坂内泰子「『懐中抄』解題翻刻

塩村耕「屁文学の系譜」

板坂則子・高橋雅樹「疱瘡本小考――『絵本子供あそび』と『小児やしなひ草』」

松田高行・山本陽史・和田博通「略註『たから合の記』」


あとがき

延廣眞治教授経歴

延廣眞治教授著作目録

執筆者略歴

http://www.perikansha.co.jp/Search.cgi?mode=SHOW&code=1000000907&word=%93%FA%96%7B%95%B6%8Aw

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。