庵功雄『新しい日本語学入門』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

庵功雄『新しい日本語学入門』

スリーエーネットワーク

庵功雄『新しい 日本語学 入門』

  2001年2月26日初版第1刷発行

まえがき

凡例

はじめに

§1 言語学の1分野としての日本語学

 1.ヒトのことばの特徴

   1-1.二重分節

 2.現代言語学ソシュール

  2-1.言語記号恣意性と社会性

  2-2. ラングパロール

  2-3.共時言語学通時言語学

 3.文法役割

 4.文法の生得性

 5.まとめ


コラム1 「モー娘。」は何と読む?


§2 音声音韻

 1.音声(パロールとしての音声)

  1-1.母音

  1-2.子音

 2.音素(ラングとしての音声)

  2-1.相補分布

  2-2.有標と無標

 3.音声音素 ローマ字表記

 4.アクセント

  4-1.アクセントの地方差

  4-2.東京アクセントの特徴

 5.イントネーション

 6.プロミネンス

 7.まとめ

資料1〉


§3形態論(1) 形態素、語、品詞

 1.形態素とは

 2.語とは

 3.品詞

  3-1.主要部と修飾

  3-2.品詞の決め方

 4.まとめ


§4 形態論(2) 活用

 1.活用とは

     名詞活用

 2.学校文法活用

     学校文法

 3.理想の活用表を求めて

  3-1.活用(表)に関わる基本概念

     語幹語基

  3-2.理想の活用表に必要なこと

  3-3.理想の活用表に必要な活用形

  3-4.活用の種類と活用表(動詞)

  3-5.活用の種類と活用表(形容詞)

 4.まとめ




コラム2 「パーティーは楽しいでした。」


§5 格

 1.格とは

    格の表し方

 2.必須補語と副次補語

 3.表層格と深層格

    表層構造深層構造

    格表示のもう一つのパターン

 4.格枠組みの機能

 5.まとめ


§6 文の構造文法力テゴリー

 1.日本語文の構造

 2.文法カテゴリー

  2-1.文法カテゴリーの取り出し

     カテゴリーの表示の義務性

  2-2.辞書形の位置づけ

 3.単語意味文法的性質の関係

  3-1.単語意味文法カテゴリー

    3-1-1.肯否丁寧さ、対事的モダリティ

    3-1-2.ボイス

    3-1-3.アスペクト

    3-1-4.テンス

    3-1-5.対人的モダリティ

 4.まとめ


§7 主題主語

 1.主語とは何か

 2.三上章主語廃止論

  2-1.主題

  2-2. 無題化

    三上が主張したかったこと

 3.柴谷方良主語プロトタイプ論

  3-1.再帰代名詞「自分」とその先行詞

  3-2.尊敬語

  3-3.主語プロトタイプ論

 4.まとめ


§8 ボイス(1)一受身使役

 1.ボイスとは

 2.受身

  2-1.直接受身とは

     直接受身他動性

  2-2.間接受身とは

  2-3.中間的な受身

  2-4.受身機能

 3.使役

  3-1.使役文の構造

  3-2.使役文と格

 4.受身使役生成文法による分析

 5.まとめ

§9 ボイス(2) 授受

 1.授受表現とは

 2.語彙ボイスとしての授受動詞

 3.視点とは

    「視点」に敏感な日本語

 4.授受動詞対立の仕組み

  4-1.「やる/あげる」と「くれる」

  4-2.「やる/あげる」・「くれる」と「もらう」

    日本語授受動詞の特殊性

 5.授受動詞における人称

 6.恩恵の授受

 7.授受動詞全国分布

 8.まとめ

コラム3「スリーエーネットワークがどこですか。」



§10 自動詞他動詞

 1.自動詞他動詞自他対応

   自他対応のパターン

   自動詞他動詞意志

 2.所動詞と能動詞

 3.自動詞文の機能

   三上の動詞分類と非対格性の仮説

 4.自動詞他動詞受身使役

  4-1. 受動文自動詞

      動作主の脱焦点化

  4-2.  使役文と他動詞

 5.まとめ


コラム4 「二十歳を過ぎるとお肌のお手入れも大変だわ。」


§11   時間を表す表現(1)一テンス

 1.ル形、タ形、テイル形

     異形態

 2.テンスとは

 3.テンスから見た述語の分類

 4.タ形の意味

 5.2種類の過去

 6.従属節の中のタ形とル形

 7.まとめ


§12時間を表す表現(2)  アスペクト

 1.アスペクトとは

 2.テイル形の意味

  2-1.テイル形の基本的な意味(継続)

    方言におけるアスペクト

  2-2.テイル形の派生的な意味(経験・記録、完了)

   2-2-1.経験・記録

   2-2-2.完了

 3.テンスアスペクトの関係

 4.アスペクトとテキスト

 5.まとめ


§13 モダリティ

 1.モダリティとは

 2.対事的モダリティ

  2-1.当為的モダリティ

  2-2.認識的モダリティ

   2-2-1.    断定

   2-2-2.    推量

   2-2-3.    可能

   2-2-4.    確信

   2-2-5.    証拠

   2-2-6.    兆候

 3.モダリティと疑問、否定

  3-1.モダリティと疑問

  3-2.モダリティ否定

 4. 対人的モダリティ

 5. 「だろう(か)」について

 6.まとめ


§14 とりたて

 1. とりたて(る)とは

 2. とりたて助詞統語的性質

 3. とりたて助詞意味の記述

 4. 範列的関係と統合的関係

 5.とりたて助詞としての「は」

 6.まとめ


コラム5 オランウータンは森の人


§15 複文(1) 単文複文

 1.英文法における文の分類

 2.日本語における複文の定義を求めて

  2-1.三上章の分類

  2-2.南不二男の分類

   2-2-1.A類、B類、C類、D類

   2-2-2.A類~D類の相互関係

   2-2-3.南の構造意味するもの

 3.まとめ


§16 複文(2) 因果関係

 1.因果関係を表す複文

 2.論理文の体系

 3.条件

  3-1.仮定条件

     論理記号

     誘導推論

  3-2.反事実的条件

  3-3.確定条件

  3-4.恒常的条件

  3-5.事実的条件

  3-6.条件を表さない「~と」「~たら」

 4.原因・理由

  4-1.出来事の原因・理由

  4-2.判断の理由(根拠)

  4-3.「から」と「ので」

 5.譲歩・逆接

  5-1.条件文の否定とは

  5-2.譲歩と逆接

  5-3.「のに」と「けど」

 6.まとめ


コラム6 「これ、全然おいしいよ。」


§17名詞修飾

 1. 修飾の2つの種類

 2. 2つの名詞修飾

 3. 内の関係

    制限的修飾と非制限的修飾

  3-1.主名詞になれる名詞の格

    格の階層

  3-2.関係代名詞機能

    格助詞がない場合

 4.名詞修飾陳述

 5.外の関係

 6.益岡隆志による修正

7.まとめ


§18「のだ」

 1.疑問文否定文における「のだ」

  1-1. 疑問文と「のだ」

  1-2. 否定文と「のだ」

 2.関連づけの「のだ」

    関連づけを表す「からだ」と「わけだ」

 3.認識のあり方に関わる「のだ」

 4.他の言語における「のだ」

    文法化

 5.まとめ


文献紹介1


§19「は」と「が」

 1. 「は」と「が」の使い分けに関わる要因

  1-1.文の陳述度と主題

       「は」と対比

  1-2.有題文と無題文

  1-3.指定文措定文

 2. 「は」と「が」の使い分けと情報の新旧

 3. 他の言語における「は」と「が」

 4.まとめ


§20 談話・テキスト

 1.テキスト

 2.結束性

 3.テキストレベルの文法現象

  3-1.話し手聞き手の知識と「という」の有無

  3-2. 指示詞

   3-2-1.現場指示文脈指示

   3-2-2.ソとア

      情報のなわばり理論

   3-2-3.コとソ

 4.機能主義的研究

  4-1.省略

  4-2.後置文

 5.文体

 6.その他の研究

 7.まとめ


§21敬語

 1.待遇表現としての敬語

 2.敬語の分類

 3.尊敬語

 4.謙譲語

 5.丁重語

 6.授受動詞敬語

 7.丁寧語

 8.美化語

 9.敬語における人称

 10.ウチとソト

 11.素材敬語から対者敬語

 12.敬語機能

 13.まとめ


§22方言

 1.方言に関するさまざまな研究法

 2.方言地理学

  2-1.柳田国男方言周圏論

  2-2.糸魚川調査

 3.社会言語学的研究

 4.文法体系の比較

 5.まとめ


§23 さまざまなバリエーション

 1.ことばのゆれ

  1-1.ラ抜きことば

     規範文法記述文法

  1-2.「~が…たい」と「~を…たい」

 2.「~と、~ば、~たら」

 3.「違かった」など

   新方言neo-dialect

 4.まとめ


文献紹介2


コラム7「パパ、日曜だからってゴロゴロしないで。」


あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。