平他字類抄

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

平他字類抄

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ha/kaidai_ha018.html

平他字類抄三巻

 著者は未詳。鎌倉時代の作である。續群書類從に收められて刊行。本書は分類體を主とし伊呂波引を併用した漢和辭書である。伊呂波字類抄は語を伊呂波で分ち次にそれを意味によって分類してゐるが本書は先づ意味で分類しそれを平聲他聲とに分ち更に伊呂波順にしてゐる。本書は鎌倉時代辭書として國語研究上必要であると共にその組織は辭書編纂史上注意すべきものである。

亀田次郎国語学書目解題」)


f:id:kuzan:20140608190228p:image

新潮日本文学大辞典 亀田次郎



続群書類従 第八百八十七

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。