帚木蓬生「閉鎖病棟」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

帚木蓬生「閉鎖病棟」

帚木蓬生

九州方言会話小説

新潮文庫

p.11「東京弁

p.62「幼児語

p.82「草書体でも難なく読める」

p.111「朝鮮なまり」

p.204「経文か詩のような文が刻み込まれていた[…]漢字平仮名かの区別さえつかない」

p.254「標準語でしゃべった」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。