工藤真由美『アスペクト・テンス体系とテクスト』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

工藤真由美『アスペクト・テンス体系とテクスト』

――現代日本語の時間の表現

1995年11月30日初版

工藤真由美

ひつじ書房

ISBN:4938669595

まえがき


はじめに

 1.目的と方法

 1.1目的

 1.2現代日本語アスペクトテンス研究史

 1.3方法と資料

 2.構成

 3.謝辞


1 序論

 1.テクスト・文・単語

 2.テクストレベルの2つの側面

 2.1テクストのタイプ(時間構造人称構造)

 2.2テクストの内部構造一タクシスー

 3.文レベルの2つの側面

 3.1時間的限定性

 3.2機能意味的カテゴリーと形態論的カテゴリー

  3.2.1テンポラリティーとテンス

  3.2.2アスペクチュアリティーとアスペクト

 4.単語レベルの2つの側面

 4.1アスペクトテンス体系

  4.1.1基本的アスペクトテンス体系

  4.1.2拡大アスペクトテンス体系

 4.2語彙的なものとの相関性

 5.他のカテゴリ…との相関性

 5.1接続関係・アスペクトテンスムード

 5.2アスペクトヴォイス

  5.2.1継続性の2つのバリアントとヴォイス

  5.2.2アスペクトヴォイス動詞分類

 6.結び


II アスペクトテクスト

 1.完成相と継続相の対立

 1.1基本的アスペクト対立意味機能一一

 1.2動詞分類とアスペクト意味のバリアント

  1.2.1動詞分類

  1.2.2外的運動動詞におけるアスペクト意味のバリアント

  1.2.3内的情態動詞におけるアスペクト意味のバリアント

 2.パーフェクト

 2.1基本的意味派生意味

 2.2シテイル形式パーフェクト

  2.2.1パーフェクトとは

  2.2.2パーフェクトの機i能

  2.2.3パーフェクトアスペクト的側面

  2.2.4パーフェクトテンス的側面

 2.3シタ形式パーフェクト

  2.3.1シタの2つの意味機能

  2.3.22つの意味の分岐性と連続性

 2.4シタとシテイルの競合

 3.反復相

 3.1反復性とは

 3.2反復性の機能

 3.3反復性と多回性の相違

 3.4反復性のバリアント

 4.結び


IIIテンステクスト

 1.2つのテクストのタイプ

 1.1はなしあいとかたり

 1.2テクストのタイプとテンス

 1.3テクストのタイプと人称

 2.はなしあいのテクストにおけるテンス

 2.1テンスと時間副詞

 2.2基本的テンス対立

 2.3モーダルな用法

 3.かたりのテクストにおけるテンス形式

 3.1小説地の文の内部構造

 3.2外的出来事提示部分のテンス形式

 3.3内的意識提示部分のテンス形式

 3.4解説部分のテンス形式

 4.ノンフィクションのテクストにおけるテンス形式

 4.1体験的ノンフィクション

 4.2非体験的ノンフィクション

 5.結び


IV 時間の従属複文

 1.時間の従属複文体系とタクシス

 1.1時間の従属複文体系

 1.2スルーシタの対立とタクシス

 2.アスペクトテンスとの相関性

 2.1アスペクトと時間の従属複文

 2.2テンスと時間の従属複文

 2.3アスペクト・相対的テンス・絶対的テンス

 3.時期限定系列の従属複文

 3.1継起関係

 3.2同時関係

 4.期間限定系列の従属複文

 5.その他の時間の従属複文

 6.時間関係と因果関係

 7.結び


V 愛媛県宇和島方言のアスペクト体系

 1.3項対立としてのアスペクト

 2.アスペクトとアスペクチュアリティー

 3.アスペクト動詞分類

 4.アスペクト形式の多義性

 4.1スル形式アスペクト意味

 4.2シヨル形式アスペクト意味

 4.3シトル形式アスペクト意味

 5.標準語アスペクト体系宇和島方言のアスペクト体系

 6.パーフェクトの規定をめぐって

 7.結び


おわりに

参考文献

索引(主要術語)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。