川瀬一馬『日本における書籍蒐蔵の歴史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

川瀬一馬『日本における書籍蒐蔵の歴史』

川瀬一馬

日本における書籍蒐蔵の歴史』

ぺりかん社

1999年2月15日 初版第1刷発行

1999年6月25日 初版第2刷発行

ISBN:4831508632

 第一部

 はじめに

1 金沢文庫和漢典籍蒐集

2 金沢文庫散佚

3 関白秀次の典籍蒐集と金沢文庫

4 徳川家康の蒐集(駿河御文庫)

   付・徳川義直(尾張敬公)の蒐書

5 水戸光圀前田綱紀蒐書

6 脇坂安元と松平忠房?蒐書

7 江戸初・中期の蔵書家

8 江戸時代後半個人の蔵書

  一 藤原貞幹

  二 屋代弘賢

  三 狩谷棭斎

  四 伴信友

  五 賀茂真淵橘枝直・千蔭父子

  六 土肥経平?大田南畝高田与清

  七 小津桂窓(西荘文庫)

9 江戸時代後半諸侯の蔵書


 第二部

1 旧安田文庫のことなど

2 明治時代前半の蒐書

  一 鵜飼徹定

  二 田中勘兵衛

  三 アーネスト・サトウ楊守敬

  四 田中光顕

  五 黒川真頼横山由清西村兼文勝安房谷森善臣、松岡調?向山黄村、新井政毅?、根岸武香?野村靖

  六 帝国図書館

  七 島田南邨?関根只誠伊藤圭介木村正辞

  八 山中笑

  九 小沢圭次郎

  十 帝室博物館、図書寮帝国大学附属図書館

  十一 静嘉堂文庫

3 明治三十年頃の学儒・好事家の蒐書

  一 小杉榲邨

  二 大野豊太?

  三 島田重礼・翰父子

  四 内藤虎次郎

  五 狩野亨吉

  六 市島謙吉

  七 松井簡治

  八 高木利太?


 付録

1 徳富蘇峰旧蔵『成簣堂文庫目録?』の序文

2 西荘文庫旧蔵善本附記

3 安田文庫購入西荘善本評価書目

4 高木文庫?譲受けの分

 掲載写真一覧

 わが国における書籍蒐蔵の歴史*講義概要

 あとがき(岡崎久司)

 索引(人名文庫・書店名、文献名)巻末

装訂 多川精一

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。