川口良・角田史幸『日本語はだれのものか』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

川口良・角田史幸『日本語はだれのものか』

川口良

角田史幸

日本語は だれのものか』

日本語はだれのものか (歴史文化ライブラリー)

日本語はだれのものか (歴史文化ライブラリー)

2005.5.1

プロローグ――日本語はどこへ行くのか

 間違いだらけ?の日本語

 正しい日本語とは

 日本語はだれのものか


日本語はどこにいるのか

 日本語は乱れているのか

  「ことばの乱れ」への嘆き 10

   古文に見る「嘆き」

   明治以降の「嘆き」

   ことばは生き物

  若者は「ことばの乱れ」の元凶か 17

   ことばを乱しているのはだれか

   「若者ことば」の歴史的変遷

  文法は崩れているのか 

   文法は変化する

   「ら抜きことば」は正しくない?

   「ら付きことば」は自然?

   レタスことば?

   「さ入れことば」は丁寧?

   活用がちがくない?

   品詞がちがかった?

 日本語の「美しさ」「豊かさ」とは何か

  外来語は氾濫しているのか 39

   「ケータイ」も外来語?

   外来語は「純粋な日本語」じゃない?

   最初の外来語はどこから来たか

   明治期の「外来語の氾濫」

   外来語の浸透

   外来語の最盛期

   カタカナ語容認派?反対派?

  敬語の使い方は乱れているのか 50

   敬語は必要か

   「お寒うございます」は間違い?

   敬語という日本語の伝統?

   「ます・ございます」の誕生

   「です」の誕生

   若者は押し付けがましい?

   ポライトネス

   変化する敬語使用の規則

  美しい日本語、豊かな日本語のために

   多様性こそ美しい


日本語はどこから来たのか

 日本語は一つか

  言語は数えられるか

   日本語は特殊な言語

   世界中に言語はいくつあるか

   国語公用語

   フランス語イタリア語方言

   沖縄方言か、それとも琉球語

   世界言語の数に正解はない

  日本語は一つか

   「標準語」は一つか

   「標準語」と「方言」の違いは?

  作られた「標準語」 

   「標準語」はいつ作られたか

   日本語の四分五裂

   井上ひさし「國語元年」

   坪内逍遥当世書生気質

   「標準語」以前の書きことば

   漢文訓読

   漢語の氾濫

   国字国語・国文改革運動

   江戸ことば上方ことば

   「日本語」の不在

   「標準語」の誕生

 日本語は純粋なのか

  「純粋な日本語」願望 

   「純粋な日本語」を求めて

   「大和言葉」幻想

   漢文で書かれた『古事記

   混種混血の『万葉集

   「大和」言葉方言だった

   日本語の「祖語」は

   「混合言語」としての原日本語

  日本語における「言文一致」運動を振り返る――口語の噴出

   口語こそ言語の生命

   最初の「言文一致」運動

   仮名文字の創出

   限定された「言文一致

   口語の噴出-近世日本語-

  日本語の大変容-上代語古典文語近世口語現代語

   文法の変容-動詞活用1

   文法の変容-助詞助動詞1

   音韻の変容

   雑種混血の日本語


日本語はだれのものか

 日本語の新たな「多様性」へ向かって 140

  「優れた日本語」?「劣った日本語」? 

   「古い日本語」は「よい日本語」か

   「単一言語単一民族」幻想

   「標準語」の強制と方言撲滅運動

   「共通語」と「方言」のバイリンガル

   文法は一つか

   「国文法」と「日本語教育文法

   「方言」の文法

  「均質な国語」から「多様な日本語」へ 

   日本語の転換期

   「日本人言語行動」?

   日本大学生留学生言語行動

   ネイティブスビーカーは正しいか

   フォリナートーク

   東京人とアメリカ人の日本語

   在日コリアン一世の日本語

   パラオの老年層の日本語

 日本語可能性を開く

  「サバルタン」は語ることができるか 

   より豊かな日本語とは

   聞き取れる声、書き表せることば

   聞き取れない声、書き表せないことば

   発語主体の危機と詩的言語

   「サバルタン」は語ることができるか

  日本語日本人のものか踟

   「母語日本語と「母国語日本語

   なぜ日本語で書き続けるのか

   日本語でない日本語

   「愛しのクレメンタイン」

   日本語の勝利

   結語


あとがき

参考文献

参考文献

イ・ヨンスク国語という思想』岩波書店一九九六

伊坂淳一『ここからはじまる日本語学ひつじ書房一九九七年

宇佐美まゆみ言葉は社会を変えられる』明石書店一九九七年

大野晋日本語はいかにして成立したか』中公文庫、二〇Q二年

加藤秀俊日本語の開国』TBSブリタニカ、二〇〇〇

菊池康人編『朝倉日本語講座8 敬語朝倉書店二〇〇三年

金石範『新編「在日」の思想』講談社文芸文庫、二〇〇一年

金時鐘『「在日」のはざまで』平凡社、二〇〇一年

小松英雄日本語はなぜ変化するか笠間書院一九九九

小森陽一日本語近代岩波書店二〇〇〇

真田信治『標準語はいかに成立したか』創拓社一九九}年

鈴木義里『つくられた日本語、言語という虚構』右文書院二〇〇三年

徳川宗賢日本語の世界8 方言中央公論社一九八一年

中村稔編『宮沢賢治詩集』角川文庫一九六三

野呂香代子、山下仁編著『「正しさ」への問い』三元社、二〇〇一年

ジョン・C・マーハ、本名信行編著「新しい日本観・世界観に向かって』国際書院、一九九四年

三浦信孝編『多言語主義とは何か』藤原書店、一九九七年

山口明穂鈴木英夫坂梨隆三月本雅幸『日本語の歴史』東京大学出版会一九九七年

リービ英雄日本語の勝利』講談社一九九二年

月刊言語 日本語は乱れているか二〇〇二年八月号、大修館書店

月刊言語 〈敬意〉はどこから来るか』二〇〇一年一一月号、大修館書店

言語学大辞典第2巻 世界言語篇(中)』三省堂一九八九年

講座日本語学3現代文法との史的対照』明治書院一九八一年

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。