島田泰子「接頭辞ダダの成立と展開」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

島田泰子「接頭辞ダダの成立と展開」

島田泰子2008

二松学舎創立百三十周年記念論文集 平成二十年三月一日 発行

1.ダダ語彙についての整理

 1.1 近現代語における語例とその種類

 1.2 ダダの担う意味

 1.3 用法文法的特性

2.通時的な観点からの分析と考察

 2.1 近世に遡れる語例

 2.2 接頭辞ダダの展開についての見通し

3.〈ダダ+dvn>の成り立ちについて

 3.1 〈ダダ+dvn>が連用に働くことの意味

 3.2 〈タダV1ニV2>~〈タダ+dvnニV>~〈ダダ+dvnニV>の

 3.3 副詞タダの語形分化接頭辞ダダの位置付け

4.「ダダ広い」の成立について

参考文献

亀井孝(1994)もし一皮むくならば(口演速記)(大谷女子大国文 24)

近藤明(1993)「動詞+ニ+動詞」型における動詞の重複範囲――「ひたぎりにきりおとす」「ただあしにあしうなる」等――(明治書院『国語語彙史の研究』13)

   (1994)「強調」の「動詞+ニ+動詞」型――Φ型と「イヤ-」「タダ-」――(語源探求4)

関谷浩(1971)「ただあきに」の構成について――「ただ」は、はたして副詞か――(国語研究31)

蜂矢真郷(1998)『国語重複語の語構成論的研究』(塙書房)

前田勇(1968)近世上方語接頭辞について (武蔵野書院近代語研究』 2)

宮島達夫(1973)無意味形態素 (国立国語研究所論集 4)

山口康子(1976)「に」を介する同一動詞反復形式の流動 ――「いや」から「ただ」へ―― (長崎大学教育学部人文科学研究報告 25)

山口堯二(1960)動詞の重複形式について――「に」「と」を介する形式を主に――(国語国文 29-6)

藁谷隆純(1982) 「ただ  ・に」(解釈 28-9)

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004734643

論文

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。