島田勇雄先生古稀記念 ことばの論文集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

島田勇雄先生古稀記念 ことばの論文集

島田勇雄 厨事諸流と厨事用語との関係についての試論―『四条流庖丁書』とサシミとの関係を中心に

樋口元巳 女中言葉集の性格―新出本紹介を兼ねて

古瀬順一日蓮聖人御遺文」の「〓」表記について―ノンパラメトリック検定による有意か非有意かの問題、ならびに撥音促音かの問題をめぐって

寺川真知夫 『霊異記』の文字考証―上巻三縁の金杖と二十八縁の破損文字

仁田義雄 数量に関する取りたて表現をめぐって―系列と統合からの文法記述の試み

鈴木二三雄 漱石文学初期の文体研究―助動詞「ようだ」を中心に

川口明美 抄物語彙試論―「メタト」と「ムタト」をめぐって―

白藤禮幸 風土記用字について(覚え書)

彦坂佳宣 後期近世語資料としての雑俳―尾張・三河狂俳の場合

牧野育馬 洒落本「田舎芝居」・「序」の考察―修辞的分析の試み

樋口元巳 島田先生の学問

樋口元巳 島田勇雄先生業績目録

植村悠太朗 ヨメジョー・ヒーナジョー―種子島のジョー語尾についての報告

輝博元 喜界島・中里方言の音韻

春日正三 奄美大島方言の研究―その言語相の一断面

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。