岸田武夫『国語音韻変化論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

岸田武夫『国語音韻変化論』

岸田武夫

武蔵野書院

平成10.5.30

遺稿

国語音韻変化論

国語音韻変化論

序にかえて 大塚光信

第一部 総論

 音韻の特性

 音韻の単位

 現代語音韻体系

 音韻体系の変遷

 音韻変化意義・特質

 音韻変化の帰結

 音韻変化の分類

 音韻変化原因



第二部 各論 pp.127-411

 音韻脱落

  連音頭部における脱落

  連音中部・末部における脱落

   母音音節脱落

   頭子音を持つ音節脱落

   撥音促音脱落

 音韻縮約

  直音縮約

   尾母音の消滅する縮約

   尾母音頭子音の消滅する縮約

   母音相互同化による縮約

  拗音縮約

   尾母音の消滅する拗音縮約

   母音口蓋化による拗音縮約

 音韻交代

  同行音節の交代――鼻母音の交代

  母音音節の交代

   母音音節母音音節の交代

   母音音節頭子音を持つ音節の交代

   母音音節撥音の交代

    /u/と/N/の交代

    /i/と/N/の交代

  同列音節の交代――頭子音の交代

   調音部位の同一・近似の音の交代

    両唇音と両唇音の交代

    歯茎音・歯茎口蓋音と歯茎音・歯茎口蓋音の交代

   調音方法の同一・近似の音の交代

    鼻音鼻音の交代

    破裂音破裂音の交代

    破裂音破擦音の交代 (本文なし)

    摩擦音摩擦音の交代 (草稿)

   直音拗音の交代

    サ行直・拗音の交代

    ザ行直・拗音の交代

    その他の行の直・拗音の交代

   清音濁音の交代

あとがき 岸田武夫長女 寺島浩子

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。