岸田武夫『国語音韻変化の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岸田武夫『国語音韻変化の研究』

岸田武夫

昭和五十九年十二月二十日

武蔵野書院



上代国語における母音音節脱落

上代国語におけるいわゆる「約音

国語における音節脱落(一)

 ――連音頭部における音節脱落――

国語における音節脱落(二)

 ――連音中部・末部における音節脱落――

動詞派生語にあらわれる音韻転換

母音の消滅する撥音化の現象

母音の消滅する促音化の現象

母音/-a/の消滅を伴う音韻転換

ア列音節とイ列・ウ列音節の転換

「あいなし」の成立

「ありんす・ありいす」の成立

日本語音韻の基本的単位

音韻変化意義と分類

音便」に関する考察(一)

 ――「音便」とはなにか――

音便」に関する考察(二)

 ――「音便」はどのようにして発生したか――


後記

索引


上古国語に於ける母音音節脱落『国語と国文学』昭和十七年八月)

上代国語における所謂「約音」について(『国語と国文学』昭和二十三年十二月)

国語における音節脱落について(一)――連音頭部における音節脱落――(『京都学芸大学学韻』昭和三十二年九月)

国語における音節脱落について(二)――連音中部・末部における音節脱落―(『京都学芸大学学報』昭和三十三年三月)

動詞派生語に現われる音韻転換(『京都学芸大学学報』昭和三十二年三月)

母音の消滅する撥音化の現象について(『梅花女子大学紀要』昭和五十二年十二月)

母音の消滅する促音化の現象について『川瀬博士古稀記念/国語国文学論文集』昭和五十四年十二月)

母音/-a/の消滅を伴う音韻転換について(『佐伯梅友博士喜寿記念/国語学論集昭和五十一年十二月)

ア列音節とイ列・ウ列音節の転換について(『梅花女子大学紀要』昭和五十三年十二月

「あいなし」の成立について(『梅花女子大学紀要』昭和五十二年二月)

「ありんす・ありいす」の成立について(『近代語研究・第五集』昭和五十二年三月)

日本語音韻の基本的単位(『梅花女子大学開学十五周年記念論文集』昭和五十五年三月)

音節変化の意義と分類(『言語と文芸昭和五十五年十月)

音便」に関する考察(一)――「音便」とはなにか――(『梅花女子大学紀要』昭和五十五年十二月)



本書に収録しなかったもの

近世語の系譜(一)――ナサル・ナサレマス・ナサレヤスの系譜――(『京都学芸大学学報』昭和三十四年十一月)

近世語の系譜(二)――ゴザリマス・ゴザリヤスの系譜――(『京都学芸大学学報』昭和三十五年三月)

近世語シャル・サシャルの系譜(一)(『言語と文芸昭和三十七年三月)

近世語シャル・サシャルの系譜(二)(『言語と文芸昭和三十七年十一月)

近世語オシャル・クダサルの系譜(『京都学芸大学紀要』昭和三十九年十月)

近世語における促音添加の現象について――主として意味との関連において(『近代語研究・第六集』昭和五十五年五月)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。