岩淵悦太郎『現代の言葉

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岩淵悦太郎『現代の言葉

岩淵悦太郎

――正しい言葉づかい文章

昭和40.3.30

講談社ミリオンブックス

はじめに

共通語

 共通語の必要性

 東京語

 全国共通語

 変化する東京語

言葉規範

 東京語のなまり

 伝統と復古

 規範意識

聴覚視覚

 言葉視聴覚

 耳の文学

 目の文学

 漢字と仮名

漢字表音性

 熟字訓

 漢字表音的用法

 当て字

 当て字表意性

 何が当て字

語の書き分け

 送り仮名のいろいろ

 送り仮名と語の識別

 語の意味の書き分け

同音の語

 同音異義の語

 漢字同音語

 外来語同音語

 同音語を避ける

 同音語をふやすな

文法意識と文法知識

 一般人と文法

 表現助詞

 助動詞「う」の用法

 文法意識の変化

 文末表現の仕方

敬語

 男女の物の言い方の差

 女性敬語

 「お」の用法

 過度の敬語使用

 敬語の混乱

 敬意敬語

語源

 語源をさぐる

  漢語中国語

  母音子音音感

 一般人の語源意識

  語源俗解

  語源意識

 意味用法の変化

  ホステスと奥さん

  変化する意味用法

時代表現

 世相と言葉

  明治初年の言語

  芝居と言語

 表現は変る

  時代好尚の変化

  時代新語

外来語

 ふえる外来語

 外来語の多用される場面

専門語と一般語

 難しい専門語

 漢語表現の欠点と利点

 専門語と一般人

 むずかしい言い方を喜ぶ

雅語俗語

 文学用語

 言葉の背景にあるもの

 文学と新しい表現

 文学における言葉の働き

方言文学

 東国語江戸言葉

 江戸人の考えた田舎弁

  洒落本田舎弁

  落語葛西言葉

 関西弁文学

 東京弁文学

 方言の使い方の問題点

  地方色方言

現代語用語用字

 現代語用語

  現代語は四万語ぐらいか

  欧米語の場合

  日本語の中の漢語

 現代語基本語彙

 現代語用字

 基本的な漢字の選び方

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。