岩淵悦太郎『国語史論集』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岩淵悦太郎『国語史論集』

筑摩書房

岩淵悦太郎

   目  次

 まえがき

言語生活の歴史

日本文学の口誦性

物語享受形態に関する一つの疑問

言語文字

言語の変化方言区画

音韻史国語教育

口誦資料の国語史的価値

兼好の耳――平曲発音東国方言か――

謡曲発音とその変遷

謡曲の謡い方における入声ツについて

平曲における入声ツの取扱い方

国語における入声tの歴史と外来音の問題

オ段の長音における開合について――法華経随音句における記載を中心として――

近世における波行子音の変遷について――蜆縮涼鼓集の記載を中心として――

古典とその読み方

古語清濁につきて

説話文学用語

打聞集における語の釈義――主として今昔物語集について――

ござんなれ

清盛の「あつち死」

日本霊異記の序に見えたる「般若檢記」とは何か

今昔物語冥報記

平曲語り本

謡開合仮名遣について

謡曲発音資料としての謳曲英華抄

康遇聖捷解新語

醒睡笑女房詞東国方言

女房詞とくさむすび

かたこと』の末書『正誤大和言葉』について

天和元年刊『新増書籍目録』並びに元禄十一年刊『増益書籍目録』について

山口麻太郎『壱岐島方言集』

敬語の一種のつかい方

五十音図いろは歌

書簡文の歴史覚書

明治初期における文法書編纂について

明治初期における国語辞書編纂――言海の出現を見るまで――

明治初期国語政策論

あとがき

発表覚え書

索引

山口麻太郎『壱岐島方言集』 『国語と国文学』八-三 昭和六年三月

謡開合仮名遣について 岩波講座『日本文学』附録『文学昭和七年一月

かたこと日本文学大辞典新潮社 昭和七年六月

ござんなれ 『国語と国文学』九一八 昭和七年八月

兼好の耳 『方言』三-一 昭和八年一月

書目日本文学大群典』新潮社 昭和八年四月

かたこと』の末書『正誤大和言葉』について 『方言』三-七 昭和八年七月

オ段の長音における開合について 『文学』一-八 昭和八年十一月

謡曲の謡い方における入声ツについて 『国語と国文学』十一-五・七・九 昭和九年五、七、九月

女房詞とくさむすび 『方言』四-八 昭和九年七月

打聞集における語の釈義一、二 法政大学国文学研究所『国文学誌要』一-九 昭和九年十一月

今昔物語冥報記 法政大学国文学研究所『国文学誌要』三-一 昭和十年六月

日本霊異記の序に見えたる「般若撮記」とは何か 『国語と国文学』十二-八 昭和十年八月

近世における波行子音の変遷について 法政大学国文学研究所『国文学誌要』四-二 昭和十一年七月

古語清濁につきて 藤村博士功績記念会編『国文学と日本精神』至文堂 昭和十一年十一月

敬語の一種のつかい方 『国語と国文学』十四-二 昭和十二年二月

古典とその読み方 『国語と国文学』十四-六 昭和十二年六月

清盛の「あっち死」 『国語と国文学』十四-七 昭和十二年七月

天和元年刊『新増書籍目録』並びに元禄十一年刊『増益書籍目録』について 日本古典全集刊行会『日本古典全集』「書目集・続」 昭和十二年七月

日本文学口語性 『形成』六、古今書院 昭和十五年五月

明治初期における文法書編纂について 京都帝国大学国文学会『国語・国文』十一-二 昭和十五年十二月

明治初期における国語辞書編纂 天理図書館日本文化』十九 昭和十六年一月

説話文学用語解釈と鑑賞』六-二 昭和十六年二月

五十音図いろは歌国語文化講座』二、朝日新聞社 昭和十六年十一月

国語における入声tの歴史と外来音の問題 文部省教学局『日本諸学振興委員会研究報告』十二 昭和十六年十一月

平曲における入声ツの取扱い方 『皇国文学』四 昭和十七年一月

醒睡笑女房詞東国方言 日本語教育振興会『日本語』二-三 昭和十七年三月

康遇聖捷解新語 日本語教育振興会『日本語』ニ-七 昭和十七年七月

音韻史国語教育 大阪府中等学校教育研究会国語部『国語部報』十四 昭和十八年三月

謡曲発音資料としての謡曲英華抄 橋本進吉博士記念論文集『国語学論集』岩波書店 昭和十九年十月

謡曲発音とその変遷 『幽玄』二-一・二、積善昭和二十二年二月

平曲語り本 日本文学研究会『日本文学研究・平曲の総合研究』三十一 昭和二十七年三月

物語享受形態に関する一つの疑問 『文学』二十二-二 昭和二十九年二月

書簡文の歴史覚書 『言語生活』五十一 昭和三十年十二月

言語生活の歴史 『現代国語学』三、筑摩書房 昭和三十三年七月

明治初期国語政策論 『言語生活』八十六 昭和三十三年十一月

言語の変化方言区画日本の方言区画東京堂 昭和三十九年十一月

口誦資料の国語史的価値 国語学会『国語学』七十六 昭和四十四年三月

言語文字 『国語と国文学』四十八-一 昭和四十六年一月

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。