岩倉市郎「喜界島に於ける敬語法」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岩倉市郎「喜界島に於ける敬語法」

岩倉市郎

1932

喜界島に於ける敬語法

『旅と伝説』5-2


『沖縄文化論叢5言語編』



 喜界島にも「オー・ホー」言葉といふのがあります。敬語を用ひよといふ事を「オー・ホー・シリ」といひ,目上に対して粗末な言葉を使つてはいけないといふ様な場合には「イン・ヒン,シルナ」といふ事は,本誌第2号金城氏の記事にあるのとよく似てゐます。

 喜界島には古くから階級制度がはつきりしてゐなかつたせいか,といふよりは総ての人がお互に平民同士であつたせいか,オー・ホー言葉も至つて簡明で,階級的な差別がなく,敬意軽重に依つて臨機応変に言葉の言ひ廻しで,ユミタ・ヂュラク(言葉綺麗)に色々な表現が出来る丈であります。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。