岡田鯱彦「薫大将と匂の宮」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

岡田鯱彦「薫大将と匂の宮」

岡田鯱彦?岡田藤吉

「薫大将と匂の宮」



推理小説

現代推理小説大系5 pp.274-385

『宝石』1950.4


後に

岡田鯱彦「源氏物語殺人事件」と改題



紫式部

源氏物語


前書き 一千年前の探偵小説

音韻法 音便 

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。