岡本綺堂『風俗明治東京物語』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岡本綺堂『風俗明治東京物語』

岡本綺堂

河出文庫

今井金吾校註

昭和六十二年五月六日

凡例

東京風俗十題

 湯屋

 相撲

 稽古所

 能楽

 劇場

 寄席

 祭礼

 寒の内

 初午

 酉の祭

明治東京雑題

 魚河岸の一年

 少年時代の回礼

 開華楼の思い出

 職業についた頃

 明治時代の春芝居

 綺堂一夕話

 明治時代寄席

 昔の東京の夏

 号外売り事始

 昔の東京の歳晩

解説

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。