岡本勲『日本漢字音の比較音韻史的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岡本勲『日本漢字音の比較音韻史的研究』

岡本勲

日本漢字音の比較音韻史的研究

日本漢字音の比較音韻史的研究

第一章 総論

 第一節 漢字音研究に於けるチベット資料の位置

 第二節 蔵・中・日比較音韻史の構想

第二章 チベット資料の性格とそれを中心として観た唐代の中国語音韻体系

 第一節 チベット資料による漢字音音価推定

 第二節 呉音と唐代西北方言音

 第三節 日本漢字音オ段長音開合

 第四節 唐代の咸・深・山・渉摂の音価

 第五節 注音本『開蒙要』と日本漢字音――清濁のゆれをめぐつて

第三章 唐代の音韻体系日本漢字音

 第一節 日本漢字音に於ける規範と事実

 第二節 日本漢字音に於ける頭子音の清濁

 第三節 日本漢字音に於ける止摂長音表記

        韻鏡開合・開・合の分類基準との関連―

 第四節 韻鏡に於ける「開合」の意味するもの

        ―日本漢字音虞韻長音表記をめぐつて

 第五節 江韻字漢呉音としてのオ段長音開合

 第六節 侯韻字漢呉音としてのオ段長音開合

 第七節 バ・ダ行鼻濁音と明・泥母

第四章 日本漢字音とその周辺

 第一節 漢字の互用と日本字音

 第二節 日本漢字音に於ける合拗音直音化の一断面

 第三節 厦門方言合口介母――附、抄訳羅常培著『厦門音系』――

 第四節 漢和辞典字音分類――慣用音をめぐつて

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。