岡崎友子『古代・現代語の指示詞における総合的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

岡崎友子『古代・現代語の指示詞における総合的研究』

岡崎友子

平成21年度 科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告

19520406

研究の概要

活動の記録

研究代表者・研究分担者の業績

研究論文

1.岡崎友子中古における指示副詞用法と変化について」

2.清田朗裕中古語地の文にみえる力系列指示詞について──『源氏物語』を対象に──」

3.金善美「現代韓国語日本語における「이/この+X」の範疇解釈を導く名詞述語について」

4.堤良一談話中に現れる間投詞アノ(ー)・ソノ(ー)の使い分けについて」

堤良一「プロフィシェンシー研究と言語研究の接点 間投詞アノ・ソノの考察を通して」

5.藤本真理子中古和文における指示詞の分析──会話文地の文の境界をめぐって──」


指示詞用例

1.現代語編(フィラー:担当 堤良一)

2.古代語編(指示代名詞:担当 清田朗裕藤本真理子岡崎友子)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。