山田孝雄『平安朝文法史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山田孝雄『平安朝文法史』

山田孝雄

新潮日本文学大辞典 亀田次郎

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/50351317.html

平安朝文法史 一冊

 山田孝雄著。大正二年刊。本書は奈良朝文法史と共に一書をなすものである、扨総説に於いては平安朝文法は今日の文章語規範となって居るが仔細に観ずれば異る點が多々ある事、平安朝には音便が生じ文語と話語との間に差異が出來た事等を述べて、研究資料として(一)和歌(二)物語草子(三)記録文書を擧げて和歌文語の標準的なもの、物語類は話語も入り内容が多方面であるがら資料として最も大切なものである。文書類は餘りよき資料となし難いと云ってゐる。次に平安朝時代文法萬葉集時代文法との重要な相遺點について詳細に記し又音便の發生に注意を向けてゐる。各論に於いては、例に依って「語論」と「句論」とに分けて詐多の例證を以って精細に論じてゐる。附録に「平安朝語と現代語との文法比較一覧」及び「奈良朝文法史補遺」を添へてゐる。一般に文法と云へば平安朝文法意味する程この時代文法については徳川時代以來研究を重ねられてゐるが。本書の如く歴史的に奈良朝文法と比較しつゝ確實な資料によって歸納的研究を遂げたものは未だこれを見ない。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.box.com/s/qntx2uahbf4cjlvr7cgr

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/968841

第一章 総説


第二章 語論

 第一節 代名詞

  イ 稱格指示

  ロ 反射指示

 第二節 用言

  一 形容詞

  二 動詞

  三 形式用言

   イ 形式形容詞

   ロ 形式動詞

   ハ 純粋形式用言

   ニ 「す」と「あり」との交渉

  四 複語尾

  イ 状態性間接作用の複語尾

  ロ 發動性間接作用の複語尾

  ハ 打消複語尾

  ニ 豫想をあらはす複語尾

  ホ 陳述の確定をあらはす複語尾

  へ 回想総語尾

  ト 設想をあらはす複語尾

  チ 複語尾相互の承接

  五 用言の本幹と複語尾との承接

  六 用言用法

 第三節 助詞

  一 格助詞

  二 副助詞

  三 接続助詞

  四 係助詞

  五 終助詞

  六 間投助詞

 第四節 語構成略説

  一 接辭

   意義を示す接辞

   資格を示す接辭

  二 外來語

  三 熟語


第三章 句論

 第一節 句の形式及成分

  一 句の二體及主要成分

  二 句の内包的擴張

  三 句の外延的擴張

  四 引用語句

  五 修辭的副成分

 第二節 句の組線

  一 句中に於ける語の配列

  二 句成分の組織關係

 第三節 句の接合と配列

  一 重文

  二 合文

  三 有属文

   一 附属句の組織

   二 附属の位置及省略

   三 修辭的文結合

   四 混合文

附録

 平安朝語と現代語との文法比較一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。