山田俊雄『詞林間話』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山田俊雄『詞林間話』

山田俊雄

昭和62年7月5日

角川書店

詞林間話

詞林間話

はしがき   龜井孝     

「ひょうきん」の流行      

佐保姫と龍田姫         

YとH              

唱歌用語           

「とても」のこと        

「かす」と「かりる」      

日本語の危機          

ミスプリントかそれとも誤用か 

「顕《た》つ」と「彳《た》つ」 

「あらずもがな」        

ラジオ草創のころ        

「島国根性」の行方       

法律用語の一つ         

梁山泊

とりあげばば

アメツチのムタ

ダサイ先生

藝術は長く人生は短し

こばかくさい話

いっとう良いもの

逐電

漢語を新鋳する

あざやけし・けざやけし

文庫本に親しみつつ

味蕾とビラ

続柄

ジャーナリストの語源談義

蕗のとう

十年ひとむかし

あやまつ

近大野球

卵の殻

やっぱり

節用禍・辞書禍

きんぴらむすめ

漢語の素養

手製と手づくり

手巾

わすれなぐさ

あいかわらず

キヨスク

「連たん」する

わだちの響

相待的なこと

色の名

わかれのことば

薩摩みやげ

「草の名も所によりてかはるなり」

漢字とかな

国字の歴史ということ

略字のからくり

近世常用漢字について

佐々木邦の全集を読みながら

集字のこと

思い出すこと

岡本良知氏についての回想の中から

山崎さんを偲ぶ

斎藤忍随さんのこと

あとがき

初出一覧

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。