山本正秀『近代文体発生の史的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山本正秀『近代文体発生の史的研究』

山本正秀

近代文体発生の 史的研究

一九六五年七月三一日 第一刷発行

一九八二年九月一〇日 第二刷発行

 岩波書店

近代文体発生の史的研究

近代文体発生の史的研究

       目次

   序(久松潜一)

   凡例

 序章

  第一節 日本近代文体の形成と言文一致運動

   一 逍遙花袋藤村表現時代回想

   二 外国の近代文体革命

   三 日本近代文体の性格と言文一致

   四 言文一致ということ、その問題点

  第二節 日本近代口語文の種類と特質

   一 文章の分類

   二 日本近代口語文の種類と特質

   三 日本近代口語文の特性

  第三節 言文一致運動史の時期区分と各期概観

   一 言文一致運動の時期区分

   二 各期概観

前期 言文一致の発生(慶応2年明治16年)

 第一章 洋学者の著訳書に現われた近代文体の胎動

   一 蘭学者らの漢字批判

   二 言文一致文体観の胎動

   三 蘭語学訳文デアル体出現

   四 英語会話書談話体訳文

   五 英文典英語リーダー類の直訳口語文

 第二章 前島密言文一致創唱

   一 前島密の『漢字御廃止之議』建白

   二 明治初年の国字国文改良建議

   三 民衆のための平がな新聞創始

 第三章 福沢諭吉の「世俗通用俗文」創始

   一 「世俗通用俗文」意識

   二 福沢調の実態

   三 『文字之教』の意味

   四 言文一致への地ならし

 第四章 雑誌上の言文一致改良意見

   一 明治六、七年頃文部省言文一致施行のための取り調べのこと

   二 西周の『洋字ヲ以テ国語ヲ書スルノ論

   三 清水卯三郎平がな専用言文一致の論

   四 和田文の『書語口語同ジキヲ欲スルノ説』

 第五章 大新聞紙上の文章改良論

   一 渡辺修次郎の『日本文ヲ制定スル方法』

   二 福地源一郎の『文論

   三 朝野新聞社説『日本文章論

   四 大槻文彦日本文典制定論

   五 福地源一郎の『文章論

   六 文福斎?かな書き談話体普通文

 第六章 「デゴザル」調の開化啓蒙書出版

   一 加藤弘之の『交易問答』『真政大意

   二 西周の『百一新論

   三 明治開化物の談話体出版

   四 「デゴザル」調の由来

 第七章 明治初年小学校教科書文体

       ─「会話篇」「連語篇」の談話体

   一 古川正雄著『ちゑのいとぐち

   二 文部省編の『小学読本』二種

   三 文部省編『小学教授書』の談話体

   四 『会話篇』の談話体

 第八章 『ものわりのはしご』と『天路歴程意訳』

   一 清水卯三郎訳著『ものわりのはしご

   二 『天路歴程意訳』

 第九章 小新聞談話体文章の実態と言文一致意識

   一 小新聞の特色

   二 読売新聞

   三 平仮名絵入新聞東京絵入新聞

   四 仮名新聞→かなよみ

   五 三都流行の小新聞

   六 大新聞雑報の一部口語

   七 小新聞談話体意義

 第一〇章 談話体一部採用の啓蒙雑誌

   一 「民間雑誌」の談話体四篇

   二 「明六雑誌」上の演説談話体

   三 「七一雑報」の談話体

   四 「智慧の庫」の談話体

   五 「団々珍聞」の談話体

 第一一章 植木枝盛談話体民権自由論』二書

   一『民権自由論

   二『民権自由論二編甲号』

後期 言文一致論の前進・言文一致体小説の流行(明治17年-明治22年)

 第一章 政党小新聞社説の口語化と読売新聞談話体投書

   一 政党小新聞の出現

   二 「自由燈」社説の談話体創始と東京語採用論

   三 「絵入自由新聞」社説の談話体採用

   四 「改進新聞」社説の落語調対話体

   五 「土陽新聞」社説の植木枝盛『育幼論』

   六 「読売新聞投書文の談話体

 第二章 「かなのくわい」の活動と言文一致

  第一節 「かなのくわい機関誌上の言文一致現象

   一 「かなのくわい」の成立機関誌

   二 三宅米吉かな文言文一致化論

   三 島野静一郎東京語採用言文一致論

   四 片山淳吉小学校教科書言文一致化論

   五 「かなしんぶん」と「かなのざつし」

   六 三宅米吉の「ぞくご を いやしむな」

   七 片山淳吉話し方教育提唱

   八 林茂淳言文一致会設置創唱

   九 平田東雄?高崎正風

   一〇 物集高見の『げんぶん いつち』

   一一 林甕臣の『言文一致速記字会創立意見』

   一二 大槻文彦言文一致手紙文範『てがみ の かきかた』

   一三 末松謙澄のデス採用勧告演説

   一四 平井正俊?の『にほん の ぶんぽう』

  第二節 物集高見の『言文一致出版とその影響

   一 物集高見著『言文一致

   二 物集高見言文一致の由来と限界

  第三節 後藤牧太言文一致体かな文

 第三章 田口卯吉近代文体創見と言文一致体ローマ字文創始

   一 二つの社会改良論

   二 『日本開化の性質』の成立

   三 『日本開化の性質漸く改めざるべからず』

   四 『NIPPON KAIKA NO SEISHITSU』

   五 『意匠論─文学之部』

 第四章 「ROMAJI ZASSHI」と言文一致

   一 「ROMAJI ZASSHI」と漢文くずし体

   二 田口卯吉言文一致体ローマ字文創始

   三 クサノ・アマガイ両氏のローマ字言文一致化論

   四 チェンバレン言文一致勧告

   五 明治二〇年度「ROMAJI ZASSHI」の言文一致化現象

   六 ヒカミカクタロウ?の『言文一致

 第五章 国字改良よりも言文一致を先に

   一 神田孝平の『文章論ヲ読ム』

   二 「東京日日」社説の文章改良論三篇

   三 「明治日報」社説『文章の改良』

   四 末松謙澄の『日本文論』

   五 矢野文雄著『日本文文学新論』の非言文一致文体論

   六 「教育雑誌」上の言文一致卓論二篇

   七 杉浦重剛の『日本言語文章

 第六章 速記出版物言文一致促進

   一 日本速記術の発生と応用

   二 田鎖綱紀の、速記法による言語文章改良意見

   三 三遊亭円朝怪談牡丹燈籠』の出版

   四 『塩原多助一代記』その他の円朝速記

   五 円朝速記物の反響・その由来

   六 松林伯円安政三組盃』と講談落語速記出版の流行

   七 演説速記林茂淳

 第七章 「いらつめ」同人らの言文一致活動

   一 「いらつめ」発行と言文一致

   二 中川小十郎?・正木政吉?の『男女ノ文体ヲ一ニスル方法』

   三 西邨貞?の『日本普通文ノ前途』と伊沢修二談話体採用

   四 新保磐次著『日本普通文何如』

 第八章 小学国語読本談話体採用

   一 新保磐次著『日本読本

   二 文部省編の『読書入門』と『尋常小学読本巻之一』

   三 西邨貞?著『幼学読本』第一・第二

   四 下田歌子著『国文/小学読本

   五 東京府庁編『小学読本

 第九章 坪内逍遙小説文体改良論と『此処やかしこ』

   一 言文一致体小説の創始者と流派

   二 『小説神髄』の文体論

   三 『文章新論

   四 『此処やかしこ』の言文一致体

   五 逍遙文体敗走

 第一〇章 二葉亭四迷言文一致活動

   一 根底としての徹底写実主義

   二 旧文章との相剋

   三 俗語本位と俗語洗練

   四 『通俗虚無党形気』ほか

   五 『浮雲』文体分析

   六 『あひゞき』『めぐりあひ』とその影響

   七 『文学の本色及び平民と文学との関係』口訳文

 第一一章 山田美妙言文一致活動

   一 美妙小説文体の時期区分

   二 言文一致以前の美妙

   三 美妙言文一致の動機

   四 言文一致処女作『嘲戒小説天狗』

   五 『風琴調一節』緒言と『自序』

   六 『風琴調一節』

   七 『武蔵野』『花の茨、茨の花』

   八 『夏木立』の文体批評

   九 「だ」調から「です」調へ

   一〇『空行く月』から『花車』まで

   一一 『蝴蝶』

   一二 『この子』から『いちご姫』へ

   一三 言文一致詩の創試

 第一二章 嵯峨の屋おむろ森鴎外言文一致活動

  第一節 嵯峨の屋おむろ言文一致活動

   一 在来の嵯峨の屋評価

   二『薄命のすゞ子』─「である」調の創試

   三『初恋』  ─「だ」調秀作

   四 『野末の菊』以後「であります」調へ

  第二節 森鴎外言文一致活動

   一 鴎外翻訳小説言文一致体

   二 翻訳物以外の言文一致体

 第一三章 硯友社諸家の言文一致同調

   一 巌谷小波

   二 鹿堂閑人?・喜多川麻渓?

   三 広津柳浪

   四 石橋思案

   五 大橋乙羽多田漁山人その他

 第一四章 硯友社以外の言文一致同調諸家

  第一節 言文一致体小説諸家

   一 饗庭篁村西洋怪談 黒猫』

   二 石橋忍月

   三 内田魯庵

   四 武田仰天子若松賤子その他

  第二節 言文一致体翻訳文学諸家

   一 フォスタル原著『福音の譚』の口訳出版

   二 在一居士?訳『王様の新衣裳』

   三 上田万年訳『おほかみ』

   四 益田克徳?訳述『夜と朝』

  第三節 小島一騰著『日本新字発明』と林甕臣言文一致歌

   一 小島一騰著『日本新字発明

   二 林甕臣の『言文一致歌

 第一五章 翻訳文体の発達

  第一節 翻訳小説文体の進化─周密文体から言文一致へ─

   一 明治一七年以前の翻訳小説文体

   二 『繋思談』・森田思軒の周密文体

   三 末松謙澄訳『谷間の姫百合』

   四 二葉亭鴎外言文一致体翻訳小説その他

  第二節 評論界の欧文直訳派と漢文直訳

 第一六章 明治二一年前後の言文一致論

  第一節 「学海之指針」誌上の言文一致可否論

   一 辰巳小次郎の『駁言文一致論

   二 山田美妙の『言文一致論概略』

   三 山田美妙の『日本俗語文法論

  第二節 森田思軒二葉亭四迷の『日本文章の将来』

   一 森田思軒欧文直訳体改良普通文

   二 二葉亭四迷言文一致必至論

  第三節 「文」第一巻の言文相近論

   一 有賀長雄の『日本国文論』

   二 三宅米吉の『言文一致ノ論』

  第四節 西村茂樹の『日本文学論』中の文章論

  第五節 「読売新聞」紙上の言文一致論

   一 『思付たる事(言文一致)』二篇

   二 吉川ひで?言文一致

   三 星の家てる子?言文一致といふことに就て』

   四 思案外史言文一致に付いて』

  第六節  「文」第二巻・第三巻の言文一致論

   一 「文」第二巻・第三巻掲載の言文論

   二 児島献吉?の『文章論』他一篇

   三 美妙言文一致小言』と瓢蕈生駁論

   四 「文」第二巻・第三巻以下の論争要点

  第七節 落合直澄の『普通語に付て』

  第八節 尾崎紅葉の『読者評判記

 第一七章 文体一定の気運、和漢洋三体の折衷へ

  第一節 藤井生『将来の日本文章』

  第二節 日本文章会の新和文体普通文運動

   一 萩野由之和文ヲ論ズ』

   二 関根正直の『国語ノ本体并ヒニ其価値』

   三 日本文章会

   四 落合直文の『文章の誤謬』

  第三節 言語取調所の創設と言文一致普通文体策

  第四節 明治二二年文章

   一 逍遙明治二二年小説文章総まくり

   二 西鶴調雅俗折衷体の擡頭

   三 斎藤緑雨小説八宗』

   四 内田魯庵の『今の小説界文派』

年表

あとがき

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。