山本北山

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山本北山

 ◎山本信有は字を天禧、通稱を嘉六といひ、北山奚疑翁、學半堂逸士、孝経楼主人、竹堤隠逸等の数號あり。家世々徳川幕府に仕ふ、北山少にして學を好み、山崎桃渓?に就て素讀を受け漸く獨學して漢宋の書に渉り、後、井上金峨に從うて折衷説に服し精研怠る事なく、學大に進み、壮にして其の名遠近に轟く。北山経は孝経を本とし、詩は清新、文は韓柳?を宗とし、書を著して其の見識を發表す。益々諸學に渉り、講究博通せざるものなし。四方遊學のもの、其の門に入るもの數百人。寛政年中柴野栗山幕府に入りて程朱の學を主張せるに方り、山本北山龜田鵬齋塚田大峰豊島豊洲市川鶴鳴と共に五鬼と稱せられきといふ。著書また多し。即ち作文志彀作詩志彀、孝経集説、古文尚書考、易象義解、春秋孔忘、論語説、率庸正義、経義撤説、經説、程朱異同古今究源、三頑古器考、王鄭異同耕苑、日本外史日本事類集成、北辰考、文藻行潦詩藻行潦、神主考、學術淵源考、養老考、鋒吊考、衣冠考、學派考、義士雪冤、書畫談、彼我経濟區別、官職通解補等あり。文化九年壬申〔二四七二〕五月十八日、六十一にて歿す。諡號を述古先生といふ。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/s1/kokusyo_sa040.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/daijinmei/ya/ya083.html


PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。