山口仲美『若者言葉に耳をすませば』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山口仲美『若者言葉に耳をすませば』

山口仲美

二〇〇七年七月三〇日 第一刷発行

講談社

 プロローグ

  この本の目的

  若者言葉は批判の的

  若者言葉への関心


I 若者はこんな言葉を使っている(座談会)

 フツーにすごい 

 渋滞グロい

 今日の顔マジない

 あないみじ

 もれそう

 妄想族

 ウサギ病

 とりま

 ガン見とチラ見

 口元思春期


II 若者言葉の特色と目的(解説)

 座談会だからこそ

 アンケート調査

 地域差のある若者言葉

 東京省略化が激しい

 心の状態を表す言葉も違う

 1コッケイロン(省略語)

  座談会に出た省略語

  コッケイロンは何の略?

  マックとマクド

  ネココタ・コビる

  ドンマイが生きていた

  チョコレートパフェを省略すると

  ラケバ・タモステ

  あざーす・いってらー

  クリパ・ウンチ

  なぜ省略語を使うのか?

 2 メッチャ(強調語)

  ギザかわゆす

  チョーチョーは虫の息

  メッチャ楽しい

  マジむかつく

  すごいおいしい

  えらい忙しい

  やばい寒い

  くそ・むなくそ・おに

  何を伝えたいのか?

 3 チーン(擬音語擬態語)

  がたがた・ぐにゃりは、こう使う

  音を表すことも

  物の状態や人の様子を表すことも

  チーンは気持ち

  「たらーん」も気持ち

  半数が気持ちの表現

  コミック擬音語擬態語

  コミック表現方法

  沈黙を恐れる若者たち

 4 おほとのこもる(古語)

  若者の八割は古語を使う

  使い方がずれる

  意味もずれる

  「いと」を頻用

  「をかし」が大人気

  「あな、かまっ」と注意する

  古典文学作品と比較する

  言はずもがな・行かぬ・CDをば

  「ませう」「けふ」はそのまま発音する

 5 なんでやねん(方言)

  方言若者言葉

  若者言葉にならなかった方言

  なんと言っても関西弁

  東京近県の方言も人気

  さまざまな方言

  なぜ方言を使うのか?

   6 わけわかめ意味とろろ(語呂合わせ)

  あたりめーめーやぎめーめ1

  あたりまえだのクラッカー

  わけわかめ意味とろろ

  ラッキークッキーもんじゃやき1

  語呂合わせしたい言葉は?

  評価言葉語呂合わせする

  返事・問いかけ・挨拶語呂合わせで

  

 7 お便器でねー(トイレ表現)

  トイレが変身!佃

  「化粧室に行く」か「もれそう」か

  異性がいると場所で表す

  「トイレに行く」が一般的

  男は「2番」、女は「お花畑」

  「お便器でねー」

 8 行く系?行かない系?(接辞)

  パワー系

  いらない系

  行く系? 行かない系?

  私的・キティラー・甘えニスト・レタス派

  文句垂れ雄・体よわ子

  がんばリング・買い物したいイメージ

  やる気なさ気・無理ポ

  なぜ接辞をつけるのか?

  

 9 洋梨(掛詞比喩外来語絵文字)

  掛詞「哲也」

  「むげなり」は何と掛ける?

  「洋梨」は何と掛ける?

  比喩「脳内花畑」

  外来語「チキン」

  符号絵文字・顔文字

  

 10 なぜ若者言葉を使うのか

  仲間意識を持ちたい

  気持ちを伝えたい

  感覚的に隻たい

  遊びたい

  笑いを取りたい

  かっこよくいきたい

  傷つきたくない

  

  11 今どきの若者言葉の特色

  歴史の流れの中においてみると

  今どきらしい言葉のつまった項目

  特色項目の重みが違う

  擬音語擬態語

  古語と方言

  突如浮上してくる古い言葉

  

III こんな言葉をはやらせたい

 1 ビゲチョ(座談会)

  ビゲチョ(アルファベット読み・ローマ字読み)

  まろは○○でごじゃる(古語)

  マジぱーねー(方言)

  ピンクい(形容詞化)

  ありらうん(感謝言葉)

  いたまーす(挨拶)

  「空気を読んで」を仕草で

  眉毛全部剃れちゃえばいい(ソフトな表現)

  いるぎた(暗号文)

  ツン族・ツン子(擬態語)

 2 空気読めよ(解説)

 若者たちの気に入り言葉

 マジKYだよ


IV 若者たちの自省

 1 もう死んじゃえばいいのにー(座談会)

  ~じゃないですか

  ぶっちゃけ・ゲロ

  ファック・シツト

  なんか・つかさー

  もう死んじゃえばいいのに1

  うつ・身障

  気持ちわりー・~きちがい

  感謝なのに「ごめんなさい」

  「ら」抜き言葉

  異性の使う若者言葉

 2 分かるだろうは甘えの気持ち(解説)

  どんなことを反省していたか

  言葉の暴力はなぜ起こる?

  説明する練を



V 中高年は若者言葉をこう見ている(座談会)

 1 「ハーイ」にたじろぐ

  拒絶感を感じる言葉遣い

  相槌を強要される話し方

  曖昧な表現、未完成な文に

  地方のアクセント丸出しの話し方

  楽屋言葉の真似に

  男女の言葉が同じなのは、どうも

  一九八○年代が若者言葉の全盛

  センスある面白い言葉を創れ

  敬語はやっぱり使わないと

  心からの敬語

 2 なぜ、そんな言い方をするの?(解説)

  年代によって不快感は異なる

  年配者の若者言葉への不満

  女の子が男言葉を使うと

  敬語の使い方に

  曖昧な表現をしたら

  文脈に合わない言葉

  方言を使ったら

  返事の仕方に

  若者言葉特有の意味発音

  相手を傷つける言葉



VI 実は中高年も若いときは

 1 いかす(座談会)

  「いかす」を動作で示して

  あだ名全盛期

  「ら」抜きもしていた

  やっぱり省略語を使った

  おもこ辞典を楽しんだ

  美しい日本語で粋がる

  ラジカルで粋がった

  若者言葉をまねるのは格好悪い

  

 2 現代に連なる若者言葉は?(解説)

  戦後から現在までを概観すると

  ゲバる・オルグる

    ──学生運動用語──

  ホワイトキック・話がピーマン

    ──現代若者言葉の出現──

  おいおい・ルンルン

    ──現代若者言葉の繁栄──

  アッシー君・みつぐ君

    ──ボーダーレス化の進展──

  けいたッキー・ネット弁慶

    ──携帯電話・ネット関係用語──


VII 若者が憧れる中高年の言葉

 1 その手は桑名の(座談会)

  エレガントな昔の言葉

  なかなかうまい断り文句

  粋な言葉遊び

  癒しの言葉

  きちんとした言葉

  やわらかい響きの言葉

  出来る大人の言葉

 2 おほつごもり(解説)

  中高年の言葉も若者に聞かれている

  「ごめんくださいませ」は一番人気

  「おおつごもり」は温かい7


エピローグ

 この本が出来るきっかけ

 一味違った本を目指して

参考文献

単行本 *出版社名の記載がないものは、私家版

川崎洋『流行語』毎日新聞社一九八一年

森岡健二・山口仲美『命名の言語学――ネーミングの諸相――』東海大学出版会、一九八五年

都染直也編『甲南大学キャンパスことば辞典一九九二年

小矢野哲夫編『日本語言うたろカード――大学1年生が観察した日本語の世界――』一九九三年

米川明彦編『すきやねん 若者語辞典 梅花女子大生のことば一九九三年

高山勉編『キャンパス用語集 1993年第3版』一九九三年

小矢野哲夫編『女子大生用語の基礎知識 1993年版』一九九三年

小矢野哲夫編『外大語辞典――大阪外国語大学学生用語集 1994年版――』一九九四年

塩田丸男死語読本白水社一九九四年

米川明彦編『女子大生からみた老人語辞典』文理閣、一九九五年

米川明彦『現代若者ことば考』丸善株式会社、一九九六

陣内正敬『北部九州における方言新語研究』九州大学出版会、一九九六

山口仲美『山口仲美の言葉の探検』小学館一九九七年

米川明彦『若者ことば辞典』東京堂出版一九九七年

加藤主税編著『世紀末死語事典中央公論社一九九七年

早稲田大学文学部国語学研究班編『早稲田大学キャンパス言葉辞典一九九七年

井上史雄『日本語ウォッチング』岩波書店一九九八年

米川明彦若者語を科学する』明治書院一九九八年

馬瀬良雄中東靖恵小西優香共編『首都圏女子大生のキャンパスことば――横浜フェリス女学院大学1998――』長野言語文化研究会、一九九八年

小矢野哲夫『ワードウオッチング――現代語のフロッピィ』一九九九年

永瀬治郎編『専修大学キャンパス言葉事典 第5版』二〇〇〇年

米川明彦編『集団語辞典』東京堂出版二〇〇〇年

米川明彦編『業界用語辞典東京堂出版、二〇〇一年

美しい日本語について語る会編『美しい日本語のすすめ』財務省印刷局、二〇〇二

米川明彦編著『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』三省堂二〇〇二

窪薗晴夫『新語はこうして作られる』岩波書店二〇〇二

亀井肇若者言葉事典日本放送出版協会二〇〇三年

米川明彦編『日本俗語大辞典』東京堂出版二〇〇三年

北原保雄編『問題な日本語――どこがおかしい? 何がおかしい?――』大修館書店二〇〇四年

加藤主税編著『若者言葉事典』中部日本教育文化会、二〇〇五年

本田透『萌える男』筑摩書房二〇〇五年

かわいい方言日本を幸せにする会編『ちかっぱめんこい方言練習帳!主婦と生活社二〇〇五年

齋藤一夫『子どもたちに残したい日本語』冬青社、二〇〇六年

柳川圭子著・しのざきこういち監修日本語でなまらナイト小学館二〇〇六年

北原保雄監修・「もっと明鏡」委員会編『みんなで国語辞典!ーこれも、日本語1』大修館書店二〇〇六年

井上史雄『変わる方言動く標準語筑摩書房二〇〇七年


論文など

堀内克明「若者用語解説」(『現代用語の基礎知識1980』~『現代用語の基礎知識2002自由国民社)

堀内克明山西治男「若者用語解説」(『現代用語の基礎知識2003』~『現代用語の基礎知識2004自由国民社)

堀内克明山西治男「若者のことば解説」(『現代用語の基礎知識2005』~『現代用語の基礎知識2007自由国民社)

米川明彦近代語彙考証別品とシャン」(『日本語学』2巻12号、一九八三年一二月)

増井典夫形容詞終止連体形副詞用法――「えらい」「おそろしい」を中心に――」(『国語学研究』27号、一九八七年一二月)

永瀬治郎「キャンパスことば全国分布図」(1)~(12)(『月刊言語』23巻5号~24巻4号、一九九四年五月~一九九五年四月)

米川明彦若者語世界1」~「若者語世界14」(『日本語学』13巻12号~14巻13号、一九九四年二月~一九九五年一二月)

永瀬治郎・岡隆・池田理恵子集団語の知識・使用と言語意識・パーソナリティの関連について」(『専修国文』56号、一九九五年一月)

佐竹秀雄「女子大生と若者ことば」(『武庫川女子大学言語文化研究所年報』6号、一九九五年一二月)

吉岡泰夫「若者の方言志向」(小林隆篠崎晃一大西拓一郎『方言の現在』明治書院一九九六年)

永瀬治郎「語の盛衰――キャンパス言葉の寿命――」(『日本語学』18巻10号、一九九九年九月)

永瀬治郎「『若者言葉』の方言学」(日本方言研究会編『21世紀の方言学国書刊行会二〇〇二年)

山口仲美コミック世界擬音語擬態語」(築島裕博士傘寿記念会編『築島裕博士傘寿記念 国語学論集汲古書院二〇〇五年)

三宅和子「携帯メールに現れる方言――『親しさ志向』をキーワードに――」(『日本語学』25巻-号、二〇〇六年一月)

永瀬治郎若者ことば全国分布図――二〇〇五年調査の意味するところ」(『月刊言語』35巻3号、二〇〇六年三月)

吉岡泰夫方言若者ことばを活性化する」(『月刊言語』35巻3号、二〇〇六年三月)

窪薗晴夫若者ことば言語構造」(『月刊言語』35巻3号、二〇〇六年三月)

井上逸兵「ネット社会の若者ことば」(『月刊言語』35巻3号、二〇〇六年三月)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。