山下洋輔「ドバラダ門」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

山下洋輔「ドバラダ門」

山下洋輔

山下啓次郎


p.22

「じいさん、あんたは一体何ちゅうことをしてくれたんや」思わず関西弁でつぶやいた。


p.71

この話の舞台薩摩であるから我々の喋っているのは当然薩摩弁でなければならない。


p.234

なんということだ、もはや田川弁以外は喋れなくなっていたのだった。


p.247

思わず関西弁となった


p.345

 思わず関西弁となってつぶやかざるを得なかった。



p.384

わざと出鱈目の大阪弁で聞いた。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。