尾崎知光『国語学史の基礎的研究

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

尾崎知光『国語学史の基礎的研究

尾崎知光

国語学史

――近世活語研究を中心として

1983

笠間書院

 まへがき

第一章 文法研究史の素描――上代から近世にいたる――

 一 文法研究の歴史――上代から近世まで――


第二章 近世以前の二、三の問題

 一 上代国語学史における二、三の問題

 二 『手爾葉大概抄』の伝流について――鈴木朖から時枝学説にいたる――

 三 中世における「体用」の観念とその展開


第三章 本居宣長に関する問題

 一 本居宣長の初期てにをは研究への道程

 二 『てにをは紐鏡』の成立とその学説

 三 『三集類韻』の検討――『ひも鏡』との関係をめぐって――

 四 『活用言の冊子』から『御国詞活用抄』へ――川村本御国詞活用抄と御国辞活用鏡――

 五 『排蘆小船』は宝暦八、九年の作か


第四章 宣長の周辺・富士谷成章などに関する問題

 一 柴田常昭『詞つかひ』――その学説の主要点について――

 二 富士谷成章の周辺についての覚書

 三 『富士之山文』について


第五章 鈴木朖に関する問題

 一 鈴木朖国語学――『活語断続譜』『言語四種論』『雅語音声考』の関連について――

 二 『活語トマリモシノ説』の考察――その成立と本居先生――

 三 『活語トマリモシノ説』の紹介翻刻

 四 京大蔵伴信友蔵書言語音声考言語四種別考』について

 五 『活語断続譜』などの成立をめぐって

 六 『活語活用格』の成立

 七 中山清寛の『見聞録日記』と鈴木朖


第六章 本居春庭義門に関する問題

 一 初稿本詞八衢』――その内容と成立について――

 二 『詞通路』における自他延約

 三 『詞通路』における「兼用の事」について

 四『道廼佐喜草』について

 五 義門活語研究の一過程――改稿本『詞の道しるべ』について――


第七章 富樫広蔭に関する問題

 一 富樫広蔭文法学説――その主要点と春庭の学説の継承にふれて――

 二 新出本・富樫広蔭詞八衢捷径』について(付復刻)

 三 書入本による『詞玉橋』寸見

 四 草稿本『詞玉橋』の成立

 五 『詞玉橋』の学説の成立――神宮文庫本による――

 六 広蔭の古今集研究――『古今和歌集紀氏直伝解について』――

 七 富樫広蔭未知の著書について


第八章 『詞八衢』に関する資料

 一 初稿本詞八衢』の影印翻字について

 二 同影印

 三 同翻字


  索引

  後記

第一章 文法研究史の素描――上代から近世にいたる――

 一 文法研究の歴史――上代から近世まで――            昭和五十一年十二月(岩波講座日本語文法1)


第二章 近世以前の二、三の問題

 一 上代国語学史における二、三の問題           昭和三十八年十一月(愛知県立女子大学紀要13)

 二 『手爾葉大概抄』の伝流について――鈴木肢から時枝学説にいたる――

                              昭和五十三年・三月(愛知県立大学文学部論集27)

 三 中世における「体用」の観念とその展開         昭和五十二年三月(愛知県立大学文学部論集26)


第三章 本居宣長に関する問題

 一 本居宣長の初期てにをは研究への道程          昭和五十四年三月(愛知県立大学文学部論集28)

 二 『てにをは紐鏡』の成立とその学説          昭和四十九年十二月(愛知県立大学文学部論集25)

 三 『三集類韻』の検討――『ひも鏡』との関係をめぐって――       昭和五十二年十二月(国語と国文学五四ノ三)

 四 『活用言の冊子』から『御国詞活用抄』へ――川村本御国詞活用抄と御国辞活用鏡――

                               昭和五十六年三月(愛知県立大学文学部論集30)

 五 『掘蘆小船排蘆小船』は宝暦八、九年の作か                  昭和四十七年九月(文学語学65)


第四章 宣長の周辺・富士谷成章などに関する問題

 一 柴田常昭『詞つかひ』――その学説の主要点について――           昭和五十一年一月(文学・語学75)

 二 富士谷成章の周辺についての覚書                 昭和五十七年九月(国語学史論叢)

 三 『富士之山文』について                 昭和五十二年三月(愛知県立大学文学部論集26)


第五章 鈴木朖に関する問題

 一 鈴木朖国語学――『活語断続譜』『言語四種論』『雅語音声考』の関連について――

                           昭和五十二年十一月(松村明教授還暦記念国語学と国語史)

 二 『活語トマリモシノ説』の考察――その成立と本居先生――         昭和四十九年九月(郷土文化二九ノ一)

 三 『活語トマリモシノ説』の紹介翻刻

 四 京大蔵伴信友蔵書言語音声考言語四種別考』について              昭和五十二年八月(文莫二)

 五 『活語断続漕』などの成立をめぐって

 六 『活語活用格』の成立                                 昭和五十五年四月(文莫五)

 七 中山清寛の『見聞録日記』と鈴木朖          昭和五十八年六月(文莫八)


第六章 本居春庭義門に関する問題

 一 初稿本詞八衢』――その内容と成立について――              昭和五十年八月(国語と国文学五二ノ八)

 二 『詞通路』における自他延約          昭和五十年十二月(愛知県立大学創立十周年記念論集)

 三 『詞通路』における『兼用の事』について         昭和五十八年三月(愛知県立大学文学部論集32)

 四 『道廼佐喜草』について                    昭和五十三年七月(国語と国文学五五ノ七)

 五 義門活語研究の一過程――改稿本『詞の道しるべ』について――昭和四十三年十二月(愛知県立大学文学部論集19)


第七章 富樫広蔭に関する問題

 一 富慳広蔭の文法学説――その主要点と春庭の学説の継承にふれて――         昭和五十八年三月(説林31)

 二 新出本・富樫広蔭詞八衢捷径』について(付復刻)     昭和五十二年十一月(名古屋大学国語国文学41)

 三 書入本による『詞玉橋』寸見                昭和三十一年五月(国語と国文学三三ノ五)

 四 草稿本『詞玉橋』の成立                  昭和三十二年十二月(国語と国文学三四ノ三)

 五 『詞玉橋』の学説の成立――神宮文庫本による――               昭和四十八年十二月(説林22)

 六 広蔭の古今集研究――『古今和歌集紀氏直伝解』について――    昭和三十四年十二月(愛知県立女子大学紀要10)

 七 富梶広蔭の未知の著書について

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。