小西甚一『文鏡秘府論考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小西甚一『文鏡秘府論考』

研究篇 上

昭和23.4.30

大八洲出版

序説

第一章 成立

 一 秘府論の成立

   (一)成立年代

   (二)撰述の事情

 二 文筆眼心抄との關係

   (一)傳本

   (二)内容および組織

 三 秘府論引用の原典

   (一)弘仁期の現在典籍

   (二)直接引用の原典

   (三)間接引用の原典

第二章 本文批判

 一 現存の諸本

 二 本文系譜の建設

   (一)初稿本と再治本

   (二)諸本系譜の建設

    1初稿本系統

    2再治本系統

     a 比較的純粋なる再治本系統

     b 比較的不純なる再治本系統

      イ 混合の度小なるもの

      口 混合の度大なるもの

    (三)草稿本への還元と本文の整定

 三 本文以外の諸事實

第三章 四聲および反切

 一 四聲譜の反切

  (一)調四聲譜の原據

  (二)紐の成立

  (三)韻紐圖の解釋

  (四)反音圖とその機能

 二 反切成立反切論の展開

  (一)反切の原形とその成立

  (二)九弄圖の操法とその研究史

    操法

    研究史

    (附)悉曇章羅文

  (三)我が國における反切論の展開

    奈良

    平安

    鎌倉

    室町期-

 三 音圖反切の關係

  (一)先人の研究

  (二)音圖原形の推定

  (三)音圖漢字音反切

  (四)音圖機能悉曇の反音

  (五)音圖成立の経路および年代

  (六)音圖反切との關係に對する私見

 四 四聲指歸の聲調論

  (一)四聲論の原據

  (二)四聲論の内容

  (三)劉善経の四聲説に對する批判

 五 四聲成立四聲論の展開

  (一)四聲成立意義

  (二)我が國における聲調論の展開

   概観

   捃拾悉曇思惟要决抄

   金光明最勝王経音義

   悉曇秘

   悉曇口傳

   諸點譜

   文字反

   讀經口傳明鏡集

   書寫聲明

   反音抄

   悉曇輪略圖抄

   法華經音義

   悉曇字記創學抄

   四聲私記

   聲聞書

   四聲十六重出合

   曲附書

   五音三曲集

   毛端私珍抄

   悉曇聽書

   音曲祕傳

   塵芥

   補忘記

   四聲開合初心抄

   呉音四聲開合祕抄?

   和字正濫要略

 六 四聲における輕重清濁

  (一)輕重意義

  (二)軽重の生因としての清濁

  (三)秘府論所見の軽重

研究篇 下

攻文篇

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。