小西甚一『古文の読解』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小西甚一『古文の読解』

[学習参考書]

小西甚一

旺文社

はしがき 一九六二年五月 1

目次 3

プロローグ 7

第1章 むかしの暮らし 11

第2章 むかしの感じかた 55

第3章 むかしの作品 91

 ジャンルのはなし

 時は流れる

第4章 むかしの言いかた 121

 ヴォキャブラリー

 太っ腹文法

 用心文法

第5章 解釈のテクニック 243

 解釈歴史の眼

 全体感覚

 解釈から鑑賞

第6章 試験のときは 311

エピローグ・アンコール 356

重要事項極索引 359

所収例文索引 365-366

ちくま学芸文庫

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

はしがき

プロローグ


第一章 むかしの暮らし

 なぜ平安京のことを調べるのか

 都のすまい

 寝殿づくりのウソ

 あかずの格子

 車さだめ

 きものはどう着るか

 うまいものくらべ

 複数制の時間

 たかさごや

 あそびも楽でない

 おいのりの効用


第二章 むかしの感じかた

 恋は苦し

 「かなし」は「愛し」

 「もののあはれ

 「をかし」は to be fun

 色このみ

 「何事も古き世のみぞ」

 難しいのが幽玄

 貧乏もまた楽し

 義理・人情

 「いき」「すい」「つう」

第三章 むかしの作品

 その1 ジャンルのはなし

  ジャンルとは何か

  ジャンルとアメーバ

  ジャンルは動く

  新旧ジャンルの雑居

  ジャンルの総まとめ

 その2 時は流れる

  ジャンルから文学史

  量よりも質で

  考える文学史


第四章 むかしの言いかた

 その1 ヴォキャブラリー

  基本意味場面

  語根からの把握

  イモヅル式に

  辞書そのまま・辞書離れ

  訳しかえにコツあり

  場面だけでピシャリ

  ことばは生きもの

  毛虫は蝶に

 その2 太っ腹文法

  術語を気にするな

  雲隠れ主語

  主語の身がわり

  主語には行くさきあり

  古文ハードル

  ならびの修飾

  (a+b)n=?

  逆立ちはなんでもない

  「かみあわせ」と掛詞

 その3 用心文法

  文法と頭脳経済学

  考えこむな・気をつけよ

  助動詞何ものぞ

  中古文

 「らむ」↓現在

 「けむ」↓過去

 「なり」に御用心

 「に」のいろいろ

 「の」だってバカにならない

  ネクタイと副助詞

 その4   敬語さまさま

  身分と敬語

  同時に両方とも敬意

  登場人物と敬語


第五章 解釈のテクニック

 その1 解釈歴史の眼

  行く河の流れは絶えずして

  近世中古あり

  江戸には江戸の風が吹く

  たまには小判の夢を

 その2 全体感覚

  場面を描き出せ

  場面から心理へ

  その人の身になる

  主題要旨大意

 その3 解釈から鑑賞

  和歌はワカる

  宣長先生以上にわかる

  俳句もハイOK!

  美しい詩情の世界


第六章 試験のときは

 客観テストのときは

 どこで減点されるか

 何を捨てるか

 難問でもナンとかする

 眼がクルクルしない法


エピローグ・アンコール

重要事項語句索引

所収例文索引

解説(武藤康史)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。