小泉保『ジョークとレトリックの語用論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小泉保『ジョークとレトリックの語用論』

小泉保

ジョークとレトリックの語用論

ジョークとレトリックの語用論

1997年5月20日

大修館書店


はしがき

序章 ジョークレトリック

第1章 ジョーク語用論

 1 「笑い」の研究史    9

  哲学的解釈9

  心理学解釈 24

  意味論的アプローチ 47

 2 語用論による新しい分析

  意向 60

  「落ち」の対立 65

  前提 68

  推意 71

  ジョーク形式 78

 3 ジョークの増幅

 4 ジョークのタイプ

  セックス・ジョーク

  民族ジョーク 09

  政治的ジョーク 2

 5 ジョーク本質


第2章 レトリック語用論

 1 直喩隠喩

  比喩の研究史32

  比喩の理論46

  隠喩の分類

  比喩構造

  隠喩と論理

  隠喩のタイプ

 2 換喩提喩

  換喩 89

  提喩 9

  換喩提喩の区別

  換喩機能96

  提喩機能

  根本比喩派生比喩 03

  比喩の構成06

 3 誇張法と緩叙法

  誇張法12

  緩叙法 1

 4 反語

 5 皮肉

  皮肉本質24

  皮肉と嘘30

  状況皮肉対応皮肉 32

 6 トートロジー     39

  記号論的分析 39

  語用論的分析 42

  トートロジーのタイプ 46

 7 ジョークレトリックの関係

参考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。