小柳智一「副助詞研究の可能性」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小柳智一「副助詞研究の可能性」

小柳智一

日本語文法8-2

2008

1.副助詞

1.1  とりたて詞

1.2 副詞性の助詞

1.3 副助詞の量性

2.中古語における2種類の副助詞

2.1 統語的特徴による分類

2.2 焦点,対象範囲,集合の構成基準

2.3 フォーカス,スコープ

3.中古語副助詞体系

3.1 第1種副助詞

3.2 第2種副助詞

3.3 中古語副助詞体系

4.おわりに

参考文献

江口正(2007)「形式名詞から形式副詞取り立て詞へ 数量詞遊離構文との関連から」青木博史(編)『日本語の構造変化と文法化ひつじ書房.

岡崎正継(1996)『国語助詞論攷』おうふう.

川端善明(1964)「時の副詞(上)――述語の層についてその一――」『国語国文』33-11.

小柳智一(1997a)「中古のバカリについて――限定・程度・概数量――」『国語と国文学』74-7.

小柳智一(1997b)「中古の「バカリ」と「ノミ」」『国学院雑誌』98-12.

小柳智一(1998)「中古の「ノミ」について――存在単質性の副助詞――」『国学院雑誌』99-7.

小柳智一(1999)「中古のマデ――第一種副助詞――」『国語学』199.

小柳智一(2000)「中古のバカリとマデ――副助詞の小さな体系――」『国学院雑誌』101-2.

小柳智一(2005)「副詞否定――中古の「必ず」――」『福岡教育大学国語科研究論集』46.

小柳智一(2006)「上代の複数――接尾語ラを中心に――」『万葉』196.

小柳智一(2007)「第1種副助詞と程度修飾句――程度の構文とその形成――」青木博史(編)『日本語の構造変化と文法化ひつじ書房.

小柳智一(2008)「複数と例示――接尾語ラ追考――」『国語語彙史の研究』27

近藤泰弘(1995)「中古副助詞の階層性について――現代語と比較して――」益岡隆志野田尚史沼田善子(編)『日本語の主題と取り立て』くろしお出版.

近藤泰弘(2003)「名詞の格と副――格助詞副助詞の性質――」北原保雄(編)『朝倉日本語講座5 文法1』朝倉書店.

丹羽哲也(2005)「〔書評〕沼田善子野田尚史(編)『日本語とりたて――現代語と歴史的変化・地理的変異――』」『日本語の研究』1-2.

丹羽哲也(2006)「「取り立て」の概念と「取り立て助詞」の設定について」『文学史研究』46.

沼田善子・徐建敏(1995)「とりたて詞「も」のフォーカスとスコープ」益岡隆志野田尚史沼田善子(編)『日本語の主題と取り立て』くろしお出版.

沼田善子(2000)「とりたて金水敏工藤真由美沼田善子(著)『時・否定と取り立て岩波書店.

野村剛史(2001)「ヤによる係り結びの展開」『国語国文』70-1.

益岡隆志(1991)『モダリティの文法くろしお出版.

宮地朝子(2007)『日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究ひつじ書房.

森重敏(1954)「群数および程度量としての副助詞『国語国文』23-2.

山田孝雄(1936)『日本文法学概論宝文館.

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。