小林芳規「中世片仮名文の国語史的研究」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

小林芳規「中世片仮名文の国語史的研究」

小林芳規

中世片仮名文国語史的研究」

http://doi.org/10.15027/24903



広島大学文学部紀要特輯号

1971.3

序章 研究の意義資料

 一、国語史における中世概念と本稿の対象時期

 二、中世語研究意義と方法

 三、研究資料について


第一章 文字とその補助符号

 一、仮名とその補助符号

  1 中世における仮名字体変遷

  2 踊字の変容

  3 声点

 二、漢字用法

  1 抄物

  2 宛字

 三、仮名漢字との交渉

  1 送仮名について


第二章 国語音韻変化

 一、母音

  1 連母音

  2 鼻母音

  3 母音交替

 二、子音

  1 ワ行ヰ・ヱの変化

  2 ハ行子音

  3 ザ行ダ行の問題

 三、音節構成上の問題

  1 語頭の濁音

  2 語中における母音脱落

  3「キヤメテ」について

  4 「オセ(仰)」について…-

  5 促音・撓音の介入

  6 撥音二種(mとn)の混同:

  7 促音とその表記


第三章 漢字音国語化

 一、尾子音

  1 舌内入声唇内入声

  2 唇内mと舌内nとの混同

 二、体母音

  1 合拗音の消失

  2 オ段拗長音

 三、連音上の問題

  1 連濁

  2 連声

 四、漢字音国語化の特徴


第四章 文法近代語的事象

 一、活用形

 二、助動詞

 三、助詞

 四、連語

 五、代名詞

 六、文法における近代語的事象の特徴


第五章 語彙

 一、漢語

 二、口頭語語詞

 三、特に、擬声語擬態語


第六章 位相

 一、口頭語文章表現

 二、東国語の検討

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。