小林祐子『身ぶり言語の日英比較』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小林祐子『身ぶり言語の日英比較』

小林祐子

1975.8.1

ELEC

            目次

はしがき                            3

I 文化文化出合い                 9

   あてにならない「見たまま」

   文化的盲目

II ことばに表わされた表情

 1.人体地図の比較                    15

   とらえにくい身ぶり描写

   2つの解読作業

   ことばに「作られた体」

   handのない人形

   行動の原動力のfoot

   面をはがせばhead

   「クビ」と「クビ」

   「鼻」と「口」のあいだ

   とらえにくいlap

   「肩の広い」英米人

   「腰がない」英米人

 2.表情描写の比較                    33

  2.1 目もとの夫情

   ことばに「作られた表情

   目を細める

   目尻をさげる

   眉一つ動かさない

   (柳)眉を逆立てる

   目をつりあげる

   眉をあげる

   眉をしかめる

   白い眼をむく

   目をクルクルさせる

   上目をつかう

  2.2 口もとの表情

   口もと

   口があく

   口をとがらす

   口をすぼめる

   歯をくいしばる

   歯ぎしりをする

   唇をかむ

   口をへの字に曲げる

   あごを出す

   もう一つの「あごをつき出す」

   あごを引く

  2.3 顔の表倩その他

   小鼻をふくらます

   鼻をうごめかす

   鼻をツンと立てる

   鼻白む

   ふくれっつら

   顔の色

  2.4 体の感情表現

   肩をそびやかす

   胸をはる

   肘をはる

   肩腰縮める

   背筋をのばす

   しゃちほこ張る

   「肩凝り」現象


IIIことばに表わされた身ぶり

 1.記号としての身ぶり    91

   身ぶり言語の守備範囲

   身ぶり言語の読み違い

   気づきにくい行動様式の違い

   表記されない前提の違い

   類推をよぶ描写の余白

 2・身ぶり描写の比較      105

  2.1 はじめに

  2・2てれ,はじらいのしぐさ

   頭をかく

   首筋に手をやる

   首をすくめる

   舌を出す

   面を伏せる

   口を隠す手

  2・3 落着きのないしぐさ

   体にさわる手

   ものにさわる手

   足の動き

  2・4意思表示のしぐさ

   うなずく

   首をふる

   首をかしげる

   手をふる

   掃きおとす手

   肩をすくめる

   開いた手

   お手あげ

   説得にものいう足

   説得に働く手

  2・5威嚇的なしぐさ

   握られたこぶし

   威嚇的近距離

   挑戦の構え

   足での威嚇

   一騎打ちの構え

  2・6子供に対する制裁

   げんこつ

   つねる

   襟くびをつかむ

   ける

  2・7 身繕いのしぐさ きものと洋服

   ほつれ髪

  2・8 身だしなみ

  2・9 儀礼的しぐさ

   正座

   お辞儀

   小腰をかがめる

   片手の礼

   おし頂く手

   揃えた手先

 3.暗号的,身ぶりの比較 177

  3・1 まじない

   おはらい

   眉つば

   手につばする

   万歳

   ゆびきり

   祝福のしぐさ

   胸に切る十字架

   幸運のまじない

  3・2 あてぶり

   人間関係

   頭に生えた角

   チャンバラ

   天狗

   しまり屋

   打ち首のまね

   頭のおかしな人

   お金

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。