小林康正『名づけの世相史

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小林康正『名づけの世相史

#名づけ

小林康正

名づけの世相史――「個性的な名前」をフィールドワーク』

2009年9月30日 発行

京都文教大学文化人類学ブックレットNo.4

風響社

はじめに――「読めない名前」はなぜ増えるのか 3

 1 「珍しい名前が珍しくない時代」 3

 2 日常を捉えかえす方法としての「世相史」4

 3 「珍しい名前」を理解するために 6

Ⅰ 「世界に一つだけの花」としての子どもたち 9

 1 「読めない名前」の問題化 9

 2 個性の象徴としての名前 12

 3 名前の脱・世俗化 15

Ⅱ 読めない名前と失われた「公共空間」 17

 1 名前と「公共空間」 17

 2 名前と「親密空間」20

 3 「公共空間」の喪失 21

Ⅲ 「個性的な名前」ブームの起源 24

 1 進行する名前の「微分化」24

 2 コピーライターの参入 27

 3 80年代という消費社会の登場 32

 4 消費社会における「個性」 34

Ⅳ 親密空間における「子どもという価値」38

 1 「完ぺきな名前症候群」38

 2 「子どもという価値」の変容 40

 3 親密空間において呼びかけられる名前 42

Ⅴ 情報=消費社会における「たまひよ」名づけ本 45

 1 名づけの現場から考える 45

 2 ハードルの高い現代の名づけ 48

 3 『たまごクラブ』と「たまひよ」名づけ本 50

 4 「たまひよ」名づけ本における名づけの基本コンセプト 53

 5 音から決める名づけの普及と難読化 55

 6 「差異」を生み出すデータベース 58

 7 「個性」を作り出す仕掛け 62

おわりに 64

  1 「読めない名前j批判の不幸 64

  2 「個性」的な名づけを求めて 68

装丁 原田修作

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。