小林信彦「夢の砦」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

小林信彦「夢の砦」

小林信彦

小説


新潮文庫上巻

p.112

ルビで笑わせるこの方法は、辰夫の知っている限りでは、戦前のモダニズム雑誌「新青年」のコラムで始まったものである。この手は、だれにでもできそうで、じつは非常にむずかしい。漢字ルビが不即不離で、あるときはルビが一つの批評になっていなければならない。

下 p.252−3

〈リバイバル〉という英語が、説明抜きで使われるようになったのは、ごく最近で、いわば、流行語である。(中略)旧作の興行収入が新作を凌いだのは初めてであり、〈リバイバルーブーム〉なる新語大新聞を飾ることになった。

p.414

 「山の手下町では、言葉までちがった。ほんの十年まえ、昭和二十年代には、まだ、そうだったよ」

 「本当ですか?」

 「本当だとも。ぼくは山の手の高校へ通っていたのだが、ある日、かっとなって、『てめえ、薄汚ねえ奴だな!』と怒鳴った。もちろん、良い言葉ではない。相手が殴りかかってくると思っていると、げらげら笑いだした。ぼく以外の生徒は、そういう言葉が現実に使われるのを初めて耳にしたのだ。つまり、落語の中で使われる架空の言葉だと思っていたのさ」

p.425

「中級以上の商家の主人は、非常にていねいな言葉を使う。表現も、江戸弁の名残りというか、独特なものだ。いわゆる標準語とはちがう。もっとニュアンスに富んだ、洗練されたものだよ」

「そうですか……」

ラジオがいけなかったのだ。職人言葉を使う、妙な〈江戸っ子〉が出てくるドラマを、戦後、すぐに流した。NHKの責任だ」

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。