小松英雄『日本声調史論考』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小松英雄『日本声調史論考』

小松英雄 1971 風間書房

序 中田祝夫

序説 日本声調史の領域設定


第一部 声点分布とその機能

 序章 声点分布とその機能

 第1章 前田家蔵・三巻本『色葉字類抄』における加点の分析

 第2章 語調史料としての『類聚名義抄

 第3章 部分加点分布とその分析

 第4章 観智院本『類聚名義抄』における濁音がなの卓立標示

 第5章 文明本節用集』にほどこされた不濁点


第Ⅱ部 日本声調史の諸問題

 第1章 図書寮木『類聚名義抄』における《正音》の体系(Ⅰ)

 第2章 図書寮本『類聚名義抄』における《正音》の体糸(Ⅱ)

 第3章 図書寮本『類聚名義抄』における《正音》の体糸(Ⅲ)

 第4章 和訓のかなにほどこされた《平声軽》の声点

 第5章 平安末期畿内方言語調体系――下降調音節導入による再体系化のこころ

 第6章 日本字音における入声音の諸問題

 第7章 阿女都千から以呂波

 第8章 三巻本『色葉字類抄』における「ヲ」「オ」の分布とその分析


各章の内容と既発表の小論との関係

引用文献目録

人名索引


書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。