小松英雄「アクセントの変遷」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小松英雄「アクセントの変遷」

小松英雄

アクセントの変遷

(一九七七)

『岩波講座日本語5音韻』岩波書店

 はじめに

一 文献資料

 1 文字による注記

 2 声点による注記

 3 墨譜による注記

 4 仮名による高低の書き分け

 5 類別によるアクセント史の跡付け

二 曲調音節

 1 下降調

 2 上昇調

三 複合語アクセント

 1 複合動詞における語形回帰

 2 名詞における連接と複合

 3 複合に伴うアクセント調整と連濁

 4 語形回帰の動因

 5 複合意味

四 アクセント体系的変化

 1 二音節名詞

 2 三音節名詞

 3 一音節名詞

 4 四音節名詞

 5 名詞アクセントの総括

五 日本語アクセントの体質変化

 1 語頭音節の高低に関する法則

 2 日本語アクセントの体質変化


参考文献

秋永一枝古今和歌集声点本の研究資料篇』校倉書房一九七二年。

大野晋仮名遣の起原について」(『国語と国文学』二七巻一二号、一九五〇年)。

金田一春彦「日本四声古義」寺川喜四男他編『国語アクセント論叢法政大学出版局一九五一年)。

金田一春彦『四座講式の研究』三省堂一九五五年。

金田一春彦国語アクセントの史的研究原理と方法』塙書房一九七四年。

国立国語研究所編『日本言語地図6』(二五九図)、国立国語研究所一九七五年。

小松英雄『日本声調史論考』風間書房一九七一年。

小松英雄国語史学基礎論笠間書院一九七三年。

佐佐木隆「平安末期における〈上東〉型名詞の存在について」(『文学』四一巻八号、一九七三年)。

関一雄国語複合動詞の研究』(第一章・第一節)、笠間書院一九七七年。

服部四郎補忘記の研究江戸時代初期の近畿アクセント資料として1」(日本方言学会『日本語のアクセント』中央公論、一九四二年)。

望月郁子「声点の認定をめぐる二三の問題」『類聚名義抄四種声点付和訓集成』付論、笠間書院一九七四年)。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。