小松代融一教授退職嶋稔教授退官記念国語学論集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

小松代融一教授退職嶋稔教授退官記念国語学論集

岩手方言研究余話(小松代融一)

貫之表記に見る語学上の諸問題とその解明-土佐日記「青谿書屋本」のもたらす寄与(北条忠雄)

新しい名詞「積極さ」(見坊豪紀)

芥川龍之介文体-「しかし」「が」「-が-」三語間の使用率からみて(中村邦夫)

近世初期の漢語について 2-仮名草子における漢語、特に仏典に見出される語義を中心に(佐藤亨)

盛岡方言のアクセントの変化-共通語化を中心に(本堂寛)

藤井高尚敬語説-「消息文例」の歴史的価値(及川俊雄)

徳之島浅間方言のアクセント 1(上野善道)


http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001348390/jpn

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。