密田教授退官記念論集

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

密田教授退官記念論集

密田良二教授退官記念事業会

1969



形象理論の生成-若き日の垣内松三先生(石井庄司)

「謎の研究」-俳諧連歌との比較(音誠一)

「蜘蛛の糸」における救いの問題-原拠「葱」その他との比較研究(門前真一)

現存する北陸の古版本(園部昌良)

風土記の雷蛇神説話(次田真幸)

照葉能狂言史料-仙助・寿三郎・祐三郎(殿田良作)

山中節の源流(長岡博男)

本居宣長の門人加藤吉彦について-入門の記「千尋の浜草」と源氏注釈書「月の後見」を中心として(深川明子)

金沢における藤井紫影-その活動と作品(藤田福夫)

室町時代ことわざ-狂言室町時代物語を中心として(古保勲)

式子内親王の歌一首について(山崎敏夫)

常福寺(金沢市) 蔵絵巻「福富長者物語」-翻刻解題(室木弥太郎)

歇尾詞の研究-論語孟子を中心として(川西弘晃)

漢語存在文における場所語の位置とその発話重点(鈴木直治)

浄土論註訓読法疑義挙例(園家栄照)

春秋三伝における君子の用例について(山田琢)

「けけれなく」考(江湖山恒明)

能登島の老・若における二音節名詞第四・五類のアクセント(川本栄一郎)

大鏡』における「話法」上からの一考察(鉄車佳司)

奴言葉(六方詞)の研究(道井登)

談林俳諧の一考察-付合の意味について(深井一郎)

誹風柳多留の語法について(三宅伯二郎)

紅葉山人の文章談」について(山本正秀)

能登の敬語-押水の老年を中心に(岩井隆盛)


密田良二教授略年譜

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。