宮本知枝『福井弁で話そっさ』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

宮本知枝『福井弁で話そっさ』

宮本知枝?

A4判104頁

参考文献

天野俊也(1982)「あいさつお国めぐり・11福井の巻 出会いと別れのあいさつ」『言語生活3月号』363筑摩書房

有馬俊子(1995) 『続・日本語の教え方の秘訣 上 『新日本語の基礎II』のくわしい教案と教授法』スリーエーネットワーク

有馬俊子(1995)『続・日本語の教え方の秘訣 下 『新日本語の基礎II』のくわしい教案と教授法』スリーエーネットワーク

飯豊毅一(1984)「北陸方言敬語表現について――述部動詞尊敬表現法と謙譲表現法を中心に――」『金沢大学教育開放センター紀要』4

庵功雄高梨信乃・中西久美子・山田敏弘著 松岡弘監修2000)『初級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエーネットワーク

庵功雄高梨信乃・中西久美子・山田敏弘著 松岡弘監修(2001)『中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』スリーエーネットワーク

井上史雄(2007)『方言クイズ』講談社

今尾ゆき子(2003)「福井県鯖江市方言における命令表現形式」『福井大学教育地域科学部紀要 1〈人文科学 国語学国文学・中国学編)』54

大島淳編(2007)『マップルマガジン 福井 越前・若狭』昭文社

本牧子・氏原庸子著 真田信治監修(2006)『新訂版 聞いておぼえる関西(大阪)弁入門ひつじ書房

加藤和夫(1997)「福井県武生市下中津原町方言否定の表現」『金沢大学語学・文学研究』26

月刊ウララ編(2006)The Very Best of FUKUI あなたの好きなふくいはなんですか?」『URALA』220 株式会社エーアンドエス

関西大学方言研究会(1998)『郷言』24関西大学方言研究会印刷

佐藤茂・安部和江・佐藤美和子・加藤和夫(1980)「福井県武生市における方言共通語化――場面差をめぐって――」『国語学』122

佐藤亮一(1983)「福井市,および,その周辺地域のアクセント――調査法と型の区別の現れ方との関連を中心に――」『国語学研究』23

真田信治(2005)『都道府県別 気持ちが伝わる名方言141』講談社

真田信治友定賢治編(2007)『地方別 方言語源辞典平文*1

島田静雄(1952)『越前・若狹 方言の歴史(福井縣)』人々学社

杉原丈夫・石崎直義編(1999)『定本日本の民話15 若狭・越前の民話(第1集第2集)』未來社

雀野日名子(2008)『あちん』メディアファクトリー

俵万智(1992)『りんごの涙』文藝春秋

俵万智(1994)『かすみ草のおねえさん』文芸春秋

テレビ朝日編(マシューズ・ベスト・ヒットTVプラス)(2005)『なまり亭方言完全マスター本』東京ワニブックス

新田哲夫(1987)「北陸地方の間投イントネーションについて」『金沢大学文学部論集文学科篇』7

日本語記述文法研究会編代表 仁田善雄*2(2003)『現代日本語文法4 第8部モダリティー』くろしお出版

日本語教育学会編 水谷修・加藤清方・佐久間勝彦佐々木倫子西原鈴子仁田義雄編集(2005)『新版日本語教育事典大修館書店

浜本純逸編(2005)『現代若者方言詩集――けっばれ,ちゅら日本語大修館書店

飛田良文遠藤好英加藤正信佐藤武義蜂谷清人前田富祺(2007)『日本語学研究事典明治書院

平山輝男(1953)「福井縣嶺北方言の音調とその境界線」『音声学会会報』83

平山輝男(1954)「福井縣嶺北方言の音調とその境界線(その2)」『音声学会会報』84

平山輝男(1955)「福井縣嶺北方言の音調とその境界線(その3)」『音声学会会報』85

平山輝男(1957)『日本語音調の研究明治書院

ふるさとナマリ研究会編〈2005)『かわいい方言手帖』河出書房新社

舞城王太郎(2004)『煙か土か食い物』講談社文庫

松本修(1993)『全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路』太田出版

松本善雄著 斎藤孝一監修(1981)『福井県方言集とその研究』

柳川圭子著 しのざきこういち監修(2006)『しのざき教授のなまらやさしい方言講座 日本語でなまらナイト小学館

山口幸洋(1998)『日本語方言一型アクセントの研究ひつじ書房

*1東京堂と思われる。

*2仁田義雄と思われる。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。