安部達雄「漫才における「ツッコミ」の類型とその表現効果」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

安部達雄「漫才における「ツッコミ」の類型とその表現効果」

安部達雄

漫才における「ツッコミ」の類型とその表現効果」

http://ci.nii.ac.jp/naid/120001941584

秋田實(1972)『笑いの創造 日常生活における笑いと漫才表現日本実業出版社

安部達雄(2004)「笑いとことば 漫才における「ブリ」のレトリック『文体論研究』第50号 日本文体論学会

安部達雄(2005)「漫才における「ボケ」の質的特徴と形態的特徴」『早稲田日本語研究』13 早稲田大学日本語学会 印刷

石黒圭(2001)「予測と笑い 予測をはずすレトリック『表現研究』73 表現学会

木村寛子(2003)「おかしみを生む言語表現とその理解 漫才資料として」『早稲田日本語研究』11 早稲田大学日本語学会

金水敏(1992)「ボケとツッコミ 語用論による漫才の分析」『上方文化 上方ことばの今昔』和泉書院

金水敏今仁生美(2000)『意味と文脈 現代言語学入門4』岩波書店

ケストラーA(1983)『ホロン革命』(田中三彦・吉岡佳子訳:原著1978)工作舎

小泉保(1997)『ジョークレトリック語用論大修館書店

澤田隆治(1977)『私説コメディアン史』白水社

ショーペンハウエルA(1972)『ショーペンハウアー全集2 意志と表象としての世界正編1』(斎藤忍随ほか訳:原著1966)白水社

関綾子(1999)「おかしみの構造に関する一試論 漫才資料として」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第45輯

関綾子(2002)「おかしみの生成における言語操作の構造 漫才資料として」『早稲田日本語研究』10 早稲田大学国語学会

関綾子(2003a)「おかしみ生成における誤解誘導の言語操作 漫才資料として」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第48輯

関綾子(2003b)「おかしみ生成における『悪態』のレトリック 漫才資料として」『文体論研究』第49号 日本文体論学会

中村明(2002)『文章読本 笑いのセンス』岩波書店

中村平治(1996)「笑いの技巧」『福岡大学文論集』28(1)福岡大学総合研究所

野村雅昭(2000)『落語話術平凡社

橋内武(1983)「漫才という言語行動」『ノートルダム清心女子大学紀要国語・国文学編』7-1

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。