安達太郎「日本語の問い返し疑問について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

安達太郎「日本語の問い返し疑問について」

安達太郎

日本語学8-8「疑問文・質問文

1989

1 はじめに

2 問い返し疑問と通常質問文との相違

3 問い返し疑問とダイクシス形式

4 問い返し疑問の主題制約

5 助詞省略

参考文献

今井邦彦中島平三現代の英文法5 文H』研究社出版(一九七八)

久野暲日本文法研究大修館書店(一九七三)

久野暲『談話の文法』大修館書店(一九七八)

小金丸春美問答文におけるノダの使用条件」(一九八八)修士論文筑波大学

国立国語研究所(一九六〇)『話しことばの文型ωi対話資料による研究i』秀英出版

高山善行「〈推定表現〉と〈質問表現〉の交渉」(一九八六)『待兼山論叢(文学篇)』20、大阪大学

田窪行則対話における知識管理についてi対話モデルからみた日本語の特質1」(一九八八)科学研究費特定研究報告集『談話意味語用論

寺村秀夫日本語のシンタクスと意味H』(一九八四)くろしお出版

仁田義雄日本語疑問表現の諸相」(一九八七)小泉保教授還暦記念論文編集委員会編『言語学の視界』大学書林

南不二男「質問文の構造」(一九七五)水谷静夫他『朝倉日本語新講座4 文法意味H』朝倉書店

森山卓郎『日本語動詞述語文の研究』明治書院(一九八八)

森山卓郎「認識的ムード形式をめぐって」(一九八九a)益岡隆志仁田義雄(編)『日本語のモダリティ』くろしお出版

森山卓郎「内容判断の一貫性の原則」(一九八九b)同右

森山卓郎コミュニケーションにおける聞き手情報ー聞き手情報配慮・非配慮の理論1」(一九八九c)同右

(欧文略)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。