安藤彦太郎『中国語と近代日本』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

安藤彦太郎『中国語と近代日本』

安藤彦太郎

中国語と 近代日本』

岩波新書(新赤版)12

1988年2月22日 第1刷発行

ISBN:4004300126

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/6/4300120.html

 はじめに

I 中国語と戦前の教育制度

 1 「特殊語学」ということ (宮島誠一郎

 2 明治前期の中国語教育制度 (渡俊治

 3「民間」について

 4 中国語と目薬の関係

II 『急就篇』とその周辺

 1 宮島大八二葉亭四迷

 2 「問答体」教本の系譜

 3 『急就篇』をめぐって

 4 「問答体」教本その後

III 中国語と漢文

 1 中国認識の二重構造

 2 「目読主義」と「会話主義」

 3 「唐音論」の伝統(1)

 4 「唐音論」の伝統(2)

IV 中国語教育の流派

 1 中国語教育の流派

 2 中国語教師の類型

 3 科学的研究の先駆

 4 もう一つの先駆的業績

V 戦争と中国語

  1「戦争語学

  2 時文

  3 「沿線官話

  4 戦時中の一経験について

VI 戦時下の胎動

  1 中国における新しい動き

  2 屈折と模索と(1)

  3 屈折と模索と(2)

  4「理論と実際」に投じた一石

VII 戦後の中国語普及運動

 1 中国語普及の運動

 2 「中国語外国語である」

 3 発音表記の問題

 4 「友好」を問う

VIII 渓流から大河へ

 1 辞書について

 2 異文化として

 3 幾つかの問題点

 4 教養としての中国語

 あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。