安田尚道「万葉仮名の二類の区別はどう理解されたのか

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

安田尚道「万葉仮名の二類の区別はどう理解されたのか

安田尚道(2011)

万葉仮名の二類の区別はどう理解されたのか――"音の区別に基づく"という考えの提起と撤回――」

『ことばに向かう日本の学知』

はじめに

橋本進吉は"音韻の区別に基づく"という考えをいつ述べたのか?

石塚龍麿橋本進吉理解についての諸家の見解

石塚龍麿本居宣長万葉仮名配列のしかた

稿本古事記伝』における記述

仮字遣奥山路』の現行本と、『古言別音抄』に引用された『仮字遣奥山路

古言別音抄』の各種写本

浜松市立賀茂真淵記念館蔵・山崎家旧蔵・木下俊夫識語本『古言別音鈔

稿本古事記伝』と石塚龍麿

まとめ

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。