宇野信夫『はなし帖』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

宇野信夫『はなし帖』

宇野信夫


昭和五十四年十一月二十五日 第一刷

昭和五十四年十二月五日 第二刷

文藝春秋


一 言葉のはなし

言葉の味

 羽織をきておいで

 「に」と「と」

 「たっしゃ」と「りっぱ」

 昔のいい言葉

 ころしもんく

 同じネクタイ

 お早よう

 嫉くない

 後ろに眼はねえや-

 講釈の面白さ

 落語の面白さ

 「ごねる」と「こてる」

 かなづかい

 おぼえ帖から

 それらしい

 役者


おかしな言葉

 御用達……

 長おしの槍

 性根と根性

 「トバ」と「ドバ」

 「全部」と「みんな」

 欲しい

 九州の名月

 ことわざにも時の流れ-

 くちぐせ:--

 女の肌も知らねえで

最も下等な言葉-……

いまわのきわの言葉


二 せけんぱなし

 美しき死

 悲願千人斬り

 零落

 つんぼ

 愛欲の果て

 区会議

 殺人犯

 閻魔堂橋

 指先さむき夜

 命のきわで見るもの

 地主の話

 職人気質

 そだての親

 人の世の花-

 芸人の非情--

 写真

 一世一代のタンカ

 無料

 人と仏の間

 菊吉猿

 塙保己一桂文楽

 おつかれさま


三 みのうえぱなし

 内蔵助と鶏……

 黄昏の町

 清正という酒-

 画中の友……

 空虚:=:…

 初恋…-…-

 鶴屋南北の墓

 幸福

 雛の日-…:--

 縁日

 燈下の記

 通夜の靴-

 わが柳の記…=…

 わが手習の記…:…

 歌人吉野秀雄…:

 むかし下町に住みて


味覚追憶

 鯰のすっぽん煮

 長屋の鮪

 鯛やき

 蟇ロのくさや

 先生の鮭

 六代目の寿司職人…

 さくら肉

 冷奴

 天どん

 納豆売り-…

 下町の寿司屋-

 金車亭の駄菓子

 縁日の芸人……

 サイダーの泡

 路地の煙

後記


文春文庫

はなし帖 (文春文庫 (237‐2))

はなし帖 (文春文庫 (237‐2))

1984年5月25日 第1刷

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。