子安宣邦『漢字論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

子安宣邦『漢字論』

子安宣邦漢字 論――不可避の他者』岩波書店 2003

ISBN:4OO0224328

    初出一覧

第一章 「漢語」とは何か

 『思想』八九九号(一九九九年五月)

第二章 『古事記』  この漢字書記テクスト

 『思想』九〇五号(一九九九年一一月)

第三章 他者受容と内部の形成

 『思想』九二七号(二〇〇一年八月)

第四章 翻訳語としての近代漢語

 原題「近代「倫理」概念の成立とその行方」『思想』九一二号(二〇〇〇年六月)

第五章 漢字と「国語の事実」

 『批評空間』m-3(二〇〇二年四月)

第六章 漢字と自言語認識

 新規稿

「あとがき」にかえて  漢字論という視点

 「言語論的日本論批判」『ユリイカ』臨時増刊(「日本語」特集 二〇〇三年四月)をもとに書き改めた。















書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。