姜錫祐「日韓における軍隊敬語の実態」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

姜錫祐「日韓における軍隊敬語の実態」

姜錫祐

日韓における 軍隊敬語の実態」

『待兼山論叢』29(日本学)

1995

1 はじめに 

2 調査について 

3 戦前の日本軍と現代の自衛隊における敬語 

4 韓国の軍隊と日本の旧軍隊の比較対照 

5 まとめ

井上史雄(1983)「社会構造変化敬語の将来」 『日本語学』第2巻1号明治書院

梅田博之(1974)「朝鮮語敬語」 『世界敬語敬語講座8明治書院

荻野綱男・金束俊・梅田博之・羅聖淑・盧顕松(1991)「日本語と韓国語の第三者に対する敬語用法の比較対照」 『朝鮮学報』?第141輯

金田弘(1972)「敬譲の助動詞」 『品詞別日本文法講座助動詞(H)』第8巻明治書院

金田一京助(1942)『増補国語研究八雲書林

櫻井光昭(1983)『敬語論集』明治書院

真田信治(1973)「越中五箇山郷における待遇表現の実態」 『国語学』93

真田信治(1990)『地域言語社会言語学的研究』和泉書院

真田信治(1994)「古典敬語社会言語学的アプローチ」 『国文学解釈と教材の研究』第39巻10号学燈社

真田信治渋谷勝己陣内正敬杉戸清樹(1992)『社会言語学桜楓社

辻村敏樹(1968)「『浮世風呂』・『浮世床』の敬語」 『敬語の史的研究東京堂出版

土屋信一(1974)「江戸語の「れる・られる」敬語小考」『国語学』96

三上章(1972)「敬語法のA線」『現代語法序説くろしお出版

三宅武郎(1944)『現代敬語法』日本語教育叢書日本語教育振興会

山西正子(1972)「「いらっしゃる」考」 『国語学』88

花郎台研究所(1992)『韓国軍〓国家発展』陸軍士官学校花郎台研究所、韓国

徐正洙(1984)『尊対法潮研究』翰信文化社、韓国

成耆徹(1985)『現代国語待遇法研究』開文社、韓国



野間宏「真空地帯」

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。